• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

第16回 3年連続満足度1位、仁川の課題

2008年8月22日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 成田空港から2時間半。韓国・ソウルの仁川国際空港は、東京から最も近い海外の空港である。2001年3月のオープン以来、飛躍的に業績を伸ばしてきた。海運の世界でかつて世界一を誇ってきた日本の座を韓国釜山港に奪われたように、空輸貨物の取扱量で成田空港を抜き去り、世界2位になったのは知られているが、同時に旅客路線も年々拡充してきた。仁川空港は成田にとって、最も手ごわいライバルと評される。

 ソウル市内から西へ52キロに位置する。永宗(ヨンジョン)島と龍遊(ヨンユ)島の間の浅瀬を埋め立てて整備された24時間空港だ。空港の敷地面積は1174ヘクタール。この7月、3本目の滑走路が供用されたばかりである。

仁川国際空港

 おかげで、3000万人程度だった空港利用者の処理能力は4400万人に増え、発着枠も24万回から41万回と大幅に能力アップした。その処理能力は、いまや2010年に再拡張が予定されている羽田空港並みだ。前回に紹介したタイのスワンナプーム国際空港より、さらに一歩進んだ国際基幹空港と言える。

当局、空港、航空会社の三位一体

 「韓国は人口もさほど多くない。国の規模も大きくないため、国内の航空需要による空港のハブ化は難しい。そのため仁川空港は、海外に門戸を開いたアジアのハブ空港として育成しようとしてきました。とりわけ、日本や中国といった周辺国において、国際空港として中心的な役割を果たせるよう、空港を拡張してきました」

 「また、海外の航空会社により多く就航してもらうためのハブ化対策として、着陸料も低く抑えています。着陸料を安くすることにより、(海外空港との)路線のネットワークが構築され、利用者の利便性が高まる。仁川からフィンランドのヘルシンキ空港やニューカレドニアなどへの新しい路線も開拓してきました。航空当局、空港公社、航空会社の三位一体になって仁川空港の発展を支えていると自負しています」

 日本の国交省にあたる韓国国土海洋部の金湘南道課長は、こう胸を張る。韓国は、アジアの中でもとりわけ積極的にオープンスカイ政策に取り込んできたと言われるが、その象徴が仁川空港だという航空関係者は多い。世界の空港の会員組織であるACI(国際空港評議会)が行っている「空港満足度調査」で3年連続世界一に輝いている。

コメント1

「閉ざされた日本の空」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

人々が働きたいという会社になるには 「働きやすさ」と「働きがい」、この2つが必要だ。

川野 幸夫 ヤオコー会長