• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

タイヤも再利用する時代に

原料高を逆手に取ったブリヂストンの新戦略

  • 江村 英哲

バックナンバー

2008年8月25日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 すり減った靴底を張り替えるように、タイヤも削れた表面を交換して再生品を使うのが常識になる――。

古タイヤの表面を交換して再生したリトレッドタイヤは新品の8割ほどの価格で購入できる

古タイヤの表面を交換して再生したリトレッドタイヤは新品の8割ほどの価格で購入できる (写真:柴 仁人)

 ブリヂストンは古タイヤを修理して再利用する「リトレッドタイヤ(再生タイヤ)」事業を今夏から本格化した。対象となるのは、摩耗して溝が浅くなった商用車のタイヤだ。

 7月には埼玉県加須市に試験運用のための工場を設置した。この工場を運営する子会社、ブリヂストンTRKの山本正輝常務は「数年で全国20カ所にリトレッド工場を設置する」と意気込む。

 再生タイヤは新品に比べ2割以上安く販売できる。商用車は乗用車に比べてタイヤの交換頻度が高いため、欧米では大型トラックなどで使うタイヤの約半数に再生品が使用されている。だが、新品の価格が欧米に比べて安い日本では、再生品の人気はこれまで薄かった。

相次ぐ値上げで価格にメリット

 しかし、タイヤの主原料である天然ゴムが昨年末から高騰しており、国内タイヤメーカーは今春から一斉に値上げした。また、ガソリン価格の高騰によって、運送会社は経費削減に熱心だ。ブリヂストンはそこに目をつけた。

 同社の2008年6月中間期決算は、売上高こそ1兆6411億円と前年同期比1.6%の微増だったものの、原材料高の影響もあって、営業利益は836億円と同18%減少した。荒川詔四社長は「今後、タイヤメーカーの経営は、新品を売るだけでは成り立たなくなる。再生タイヤビジネスで、顧客との結びつきを強化する」と力を込める。

コメント4件コメント/レビュー

天下のブリヂストンがやってることだから間違いはないのかも知れないが、再生できるのは、あくまでもトレッドの溝だけだ。タイヤ本体、例えばサイドウォールなどはそのまま使われるのであり、経年劣化によるバースト事故などの新たな原因とならないか。言い方を変えるとサイドウォールやビード部分に対して、タイヤが再生されることを前提とした寿命設計、原料選択が行われて製造されてきたのかが疑問。そもそも消耗品であるタイヤを、機構部品・機能部品のリビルド品という同じ括りで語るのは問題ではないのだろうか。リビルド品の利用についても、資源の有効利用という点からは優れているが、流れ作業で次々と生産される新品と違い、リビルド品は部品の取り外し、一点一点の動作確認と整備、品質確認などの手間が多くかかり、コストとしては新品と同等以上になるのが普通である。資源高で新品が上がることで割安に見えているだけである。(2008/08/25)

「時事深層」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

天下のブリヂストンがやってることだから間違いはないのかも知れないが、再生できるのは、あくまでもトレッドの溝だけだ。タイヤ本体、例えばサイドウォールなどはそのまま使われるのであり、経年劣化によるバースト事故などの新たな原因とならないか。言い方を変えるとサイドウォールやビード部分に対して、タイヤが再生されることを前提とした寿命設計、原料選択が行われて製造されてきたのかが疑問。そもそも消耗品であるタイヤを、機構部品・機能部品のリビルド品という同じ括りで語るのは問題ではないのだろうか。リビルド品の利用についても、資源の有効利用という点からは優れているが、流れ作業で次々と生産される新品と違い、リビルド品は部品の取り外し、一点一点の動作確認と整備、品質確認などの手間が多くかかり、コストとしては新品と同等以上になるのが普通である。資源高で新品が上がることで割安に見えているだけである。(2008/08/25)

日本でも戦後から高度経済成長までは当たり前の行為でした。昭和40年代にTVでも流れた「消費は美徳」というコピーが日本を悪い方向へ向かわせた、と今でも信じています。(2008/08/25)

再生タイヤの普及率拡大は、省資源化から必要不可欠でおおいに賛成ですが、昔の再生タイヤは価格も安いが、磨耗寿命も6割位と聞いたことがありますが(事実かどうかは???です)、問題ないのでしょうか?(2008/08/25)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「タイム・トゥ・マーケット」で売らないともうからない。

栗山 年弘 アルプス電気社長