• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

最終回 需要生まない空港は廃止も

2008年8月29日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

大阪国際空港(伊丹空港)

大阪国際空港(伊丹空港) ©Getty Images DAJ

 「伊丹空港の廃止も含めて検討し、きちんと方向性を出さないといけない」

 さる7月31日、大阪府の橋下徹知事が予算陳情のために訪ねた財務省で記者団にこう話した内容が物議をかもしている。かねて苦戦が伝えられる関西国際空港の援護射撃なのか。あるいは単に伊丹空港に関する自治体負担に対する抵抗だろうか。

 常日頃から極めて実現の難しい政策をぶち上げる橋下知事にとって、これも独特の観測気球には違いないだろうが、問題が問題だけに、航空関係者の胸を衝く発言だったと言える。無駄な空港の廃止論もあながち絵空事ではない。空港を取り巻く環境は、それほど急激な変化を余儀なくされているのである。

大幅な路線見直しに踏み切るJALとANA

 航空界の変化は、国交省の政策や航空会社の運営にも如実に表れている。例えば羽田空港の国際化については、本連載を開始した当初の4月、国交省は2年後の再拡張による増枠は年間3万回としていたが、わずか1カ月足らずの間に6万回に増やすと方針転換した。

 また、原油燃料の高騰が航空会社の経営を直撃、日本航空9205(JAL)と全日本空輸9202(ANA)が揃って、国内外の大幅な路線の見直しを発表してきた。JALは今年度内に21路線、ANAも今下半期に11路線の減便・廃止を決定した。

 結果、国内では、関空をはじめ福島や仙台といった赤字空港の路線が廃止され、このままでは経営の成り立たない空港が目白押しになりそうな状況だ。全国津々浦々に97もある日本の空港再編時代に突入した、という声が上がっている。橋下知事の衝撃発言には、そうした日本の苦しい空港事情が背景にある。

 それだけに、単なる仮定の話とは受け取れないのである。

 これまで見てきたように、日本の地方空港は近隣のアジア諸国との便を結んで活路を見いだそうとしてきた。韓国の仁川国際空港路線や台湾の桃園国際空港を結ぶチャーター便の開設などがその典型だ。最近では、マレーシアの格安航空会社「エア・アジアX」が、羽田など8空港を対象に路線開設の協議に入っているという。

オープンスカイが根底に

 が、もともと就航数の少ない地方空港にとっては、海外の航空会社が路線を1つや2つ開設したとしても、それで空港経営を十分に賄えるわけではない。燃料高や世界経済の減速の影響を受けて、むしろ今は、運航数の縮小や撤退を持ち出してくる。

 こうした寒風が吹き荒ぶ中で、日本の空港は逆境に立ち向かうだけの準備を整えているのか。この連載で何度も指摘してきたように、世界の航空界には米国が進めてきたオープンスカイ政策が広がってきている。

コメント26件コメント/レビュー

伊丹空港は廃止で問題ないでしょう。騒音問題など結局個人のエゴで五月蝿い事を言うのを許す国なんだから迷惑の架かり難い場所に移転で結構。利用しにくくなる事はソレが民意の結果だからやむない。それに短距離なら飛行機の意味がない。新幹線他のほうが燃費の意味でも環境によい。関空までのアクセスを改善すればいい。民間での悪い所で個別最適(会社単位)を考えるから航空へのライバルを助けない。バスや鉄道に匹敵する程燃費が良く、騒音問題も補填する必要が無いならば存続も考慮して良いと思うがそんな事は無いからだ。(2008/09/06)

「閉ざされた日本の空」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

伊丹空港は廃止で問題ないでしょう。騒音問題など結局個人のエゴで五月蝿い事を言うのを許す国なんだから迷惑の架かり難い場所に移転で結構。利用しにくくなる事はソレが民意の結果だからやむない。それに短距離なら飛行機の意味がない。新幹線他のほうが燃費の意味でも環境によい。関空までのアクセスを改善すればいい。民間での悪い所で個別最適(会社単位)を考えるから航空へのライバルを助けない。バスや鉄道に匹敵する程燃費が良く、騒音問題も補填する必要が無いならば存続も考慮して良いと思うがそんな事は無いからだ。(2008/09/06)

空港整備と同時にアクセス整備をすることは、当たり前のことでしょう。関空は24時間体制でも、アクセスが対応していなければ、旅客に関しては何の意味もありません。関空を作ると同時に例えば梅田までの新線を作り、最高時速160kmの特急をJRと南海が走らせたら、リムジンバスも24時間対応で走らせることができたら、また、借金を彼らに抱えさせなかったら(着陸料も下げられる)、伊丹も無かったかもしれないし、滑走路の2本目も負担にはならず、違った現状だったかもしれませんね。ただ、照明・表示灯・保安設備などの点検があるので、滑走路が1本だけだと、完全な24時間運用はできなかったとのことですが・・・。(2008/09/05)

伊丹空港のほうが関空より都市アクセスが良いです。伊丹が廃港になるならば、伊丹-東京や伊丹-福岡くらいまでの比較的近い距離の客は、航空機ではなく新幹線の利用に流れることでしょう。(2008/09/05)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授