• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

三井、三菱抑え、積水がトップ

「人に薦めたいマンション」ランキング

2008年9月3日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 相次ぐマンションデベロッパーの破綻。逆風が吹き続けるマンション業界。だが、どんな環境でも買い手は存在する。荒れるマンション相場の中で、マンション購入検討者は何を参考にデベロッパーを選択すれば良いのだろうか。
 そのヒントとなりそうなアンケート結果がある。

 不動産マーケティング会社のアトラクターズ・ラボがまとめた「内覧会の満足度調査」。新築マンションを購入した同社のネット会員のうち、内覧会に出席した会員に満足度調査を実施した(調査概要は文末に掲載)。

推薦度
順位
企業名 推薦度
1 積水ハウス 71.9
2 三井不動産レジデンシャル 71.6
3 野村不動産 70.9
4 三菱地所 68.6
5 住友不動産 66.7
6 東京建物 65.5
7 コスモスイニシア 62.8
8 大京 62.5
9 東急不動産 61.5
10 藤和不動産 60.9
11 日本綜合地所 58.3
12 有楽土地 57.8
13 オリックス不動産 54.3
14 双日 50

処理方法:内覧会出席者が、その物件の事業主を推薦したい度合いを点数化(強く薦めたい100点、聞かれたら薦めたい75点、どちらともいえない50点、あまり薦めたくない25点、薦めたくない0点)。サンプル数が15以上の会社をランキングした

 マンションを購入したことのない人には聞きなれない「内覧会」という言葉。完成したマンションを、売主が購入者に引き渡す直前に、最終的な物件の確認をする場である。販売側は、物件の引渡し前に設備などの説明をし、購入者は内装のキズなどをチェックする。

 アンケート結果によると、「顧客の質問や指摘に対して、明快な回答」「施工の不備に対する対応」など、買い手に不信感を与えない対応が、内覧会の満足度を決める重要事項であることが明らかになった。

 さらに、内覧会の満足度は、新たな顧客獲得にも影響を与えかねないことが分かった。というのも、今回アトラクターズ・ラボでは内覧会出席者に対して、物件の(1)売主、(2)販売会社、(3)施工会社――それぞれについて、「ほかの人にも推薦したいか」という点を調査。「推薦したい度合い」を点数化し、15以上のサンプル数のある会社に絞って、ランキングにした。

 いわば、内覧会満足度の口コミを基にしたデベロッパーランキング。一体どんなデベロッパーが顧客の「推薦支持」を獲得したのか。売主の推薦度ランキングを見ていこう。

 

意外な首位は住宅メーカー大手

 

 売主の推薦したいランキングでトップに立ったのは、住宅メーカー大手の積水ハウス。「セキスイハウス」の戸建て販売が有名だが、分譲マンションも「グランドメゾン」ブランドで大都市圏を中心に供給している。

 「戸建て住宅で実績があり、そのこだわりが感じられた点では薦めたい」(女性、45歳)
 「インテリアについて、ハウスメーカーのノウハウがあるようだ。バルコニーの隣接との仕切りもコンクリートでプライバシーが確保されていた」(男性、54歳)
 「戸建て住宅販売で養った細かい点が専有部分に生かされている。個人相手の商売に長けている感がある」(男性、39歳)

 大手マンションデベロッパーを押さえ、推薦度でトップに立った要因の大半は、大手企業の信頼感と住宅メーカーであることを挙げるものが多かった。

 積水ハウスにとって、マンション販売はあくまでも戸建て住宅を補完する事業。「本業の足を引っ張らないよう、しっかりと採算のとれる物件しか手掛けない」と東京マンション事業部の今隆志事業部長は言う。このため、量より質を重視し、立地条件の良い土地を、ピンポイントで仕入れ、マンションを開発していく。かつては、数百戸の大規模マンションも手掛けたことがあったが、最近は数十戸程度の小規模高級物件が多いと言う。

 そして、ここに住宅メーカーならではの味付けを加えている。

コメント0

「NBニュース」のバックナンバー

一覧

「三井、三菱抑え、積水がトップ」の著者

蛯谷敏

蛯谷敏(えびたに・さとし)

日経ビジネス記者

日経コミュニケーション編集を経て、2006年から日経ビジネス記者。2012年9月から2014年3月まで日経ビジネスDigital編集長。2014年4月よりロンドン支局長。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

短期保有者のいいようにさせたら、中長期で保有したいと考えている株主はどうなるのか。

貝沼 由久 ミネベアミツミ社長