• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

小泉改革が“ぶっ壊した”強靭な首相

御厨 貴・東京大学教授が語る、現代日本政治の危機

2008年9月4日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 突然の辞任を決めた福田康夫首相。安倍晋三前首相に続く政権投げ出しの遠因を探ると、1990年代後半以降に起きた自民党の変質がある。後継者育成システムを兼ねていた派閥が崩壊した後、代わりの人材育成システムが生まれなかった。

 現代日本政治に詳しい東京大学の御厨貴教授に、福田首相辞任の背景と今後の日本の政治の課題について聞いた。

(聞き手は日経ビジネス オンライン 篠原 匡)


御厨 貴(みくりや・たかし)氏
1951年東京都生まれ。1975年東京大学法学部卒業、東京都立大法学部教授、政策研究大学院大学教授を経て、2002年に東京大学先端科学技術研究センター教授に。政治家や官僚の「オーラルヒストリー」を主要な研究テーマとする

(写真・村田 和聡)

 ―― 今回の福田康夫首相の辞任をどう思いましたか。

 御厨 総理大臣の地位というのか、かくも軽くなったか、というのが正直な感想です。しかも、途中で投げ出したのは彼で2人目。1年前には、安倍晋三前総理が同じように突然、辞任した。この2人に共通しているのは、どちらも内閣改造直後の辞任だったこと。最も悪いタイミングで辞めてしまいました。

 仮にも総理大臣という権力の座にあった人でしょう。権力の重さや責任を理解していれば、普通こういうことはやりません。そうでしょう。会社の社長が役員を選任した後、誰にも相談せずに辞めるということが考えられますか。

 明らかな敵前逃亡。これは、国民にとてつもない不信を与えます。そういうことすら考えない人が、日本の総理大臣をしていたのか。日本政治の崩壊。行き着くところまできた、と感じています。

 ―― 福田首相は臨時国会のスケジュールなどを考えて、このタイミングを選んだようですが。

 御厨 勝手に辞めるというのは、やはり勝手な行為でね。辞任の時の会見も本当にいただけなかった。全部を民主党の、ねじれ国会のせいにしていたでしょう。衆参のねじれは、どの総理大臣にも解決不能な難題ですよ。

 でも、それをどうこう言うのは愚痴であり、その中で物事を処理していくのが総理の仕事でしょう。総理とは何であるか、その自覚すらなかったんでしょう。そういう意味でも本当に驚いた。

おのれの非力を自覚し続けた1年

 ―― 福田政権とは何だったのでしょう。

 御厨 福田さんには申し訳ありませんが、ねじれ国会に翻弄されて何もできないという、おのれの非力を自覚し続けた1年だったのではないでしょうか。実際に、内政では見るべきものは何もない。4~5月に道路特定財源の一般財源化をぶち上げましたが、案の定というか、予算策定まで総理の座にとどまることはできなかった。

 外交面は日中関係の改善や先進8カ国首脳会議(サミット)の開催など目立ったイベントがありました。ただ、福田さんが何か積極的に動いて実現した、というわけではありません。防衛省改革にしても、今回の辞任で改革案はお蔵入りでしょう。

コメント59

「ニュースを斬る」のバックナンバー

一覧

「小泉改革が“ぶっ壊した”強靭な首相」の著者

篠原 匡

篠原 匡(しのはら・ただし)

ニューヨーク支局長

日経ビジネス記者、日経ビジネスクロスメディア編集長を経て2015年1月からニューヨーク支局長。建設・不動産、地域モノ、人物ルポなどが得意分野。趣味は家庭菜園と競艇、出張。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

韓国がダメでも、日本なら技術を見る「目」が投資家にあるはずだ。

崔 元根 ダブル・スコープ社長