• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「のび太くんがかわいそう」――福田首相の辞任惜しむ中国

  • 田原 真司

バックナンバー

2008年9月5日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 福田康夫首相の突然の「政権投げだし」に世界が驚き、無責任との批判や呆れ声がうずまく中、中国ではまるで逆。辞任を惜しむ声が広がっている。

福田首相の電撃辞任を1面トップで伝える中国紙(9月2日付「環球時報」)

福田首相の電撃辞任を1面トップで伝える中国紙(9月2日付「環球時報」)

 辞意表明の緊急会見が行われた9月1日夜、北京在住のある日本人駐在員の携帯には、中国人の同僚や友人からニュースを知らせる電話が次々にかかってきた。「日本の首相がころころ変わることは、中国人もよく知っている。福田首相の辞任について、こんなに関心が高いとは意外だった」と、この駐在員は驚く。

 「(福田首相のおかげで)せっかく日中関係が良くなったのに、辞任するのは残念」。北京のタクシードライバーは、そうぽつりとつぶやいた。

 「残念」という言葉は、中国の一般市民の心情を代表していると言っていい。福田首相は、小泉純一郎政権時代に冷え込んだ日中関係を大きく改善した功労者として、広く評価されているからだ。

ネット上のあだ名は「のび太」

 中国での“福田人気”は、昨年9月の首相就任早々に表明した「靖国神社不参拝」の効果が大きい。

 日本の政治家が靖国神社に参拝する複雑な背景や、日本国内でも分祀論など様々な議論があることについて、中国の普通の市民はほとんど知らない。「A級戦犯を祀る神社に首相が参拝するのは許せない」「中国が参拝中止を求めているのに、それでも行くのはけしからん」など、感情的にとらえるケースが大部分だ。

 このため、参拝を強行した小泉元首相の「心の問題」という説明は、一般市民には理解不能だった。安倍晋三前首相の「行くとも行かないとも言わない」という“あいまい戦術”も、やはり釈然としない。それだけに、福田首相の「相手の嫌がることをあえてする必要はない」という発言はわかりやすく、市民たちの心をとらえた。

 日本では「無個性」「何をやりたいのかわからない」などと酷評された首相の風貌や語り口も、中国では意外な人気があった。

 首相就任直後、中国のネット上でついたあだ名は「のび太」。中国でも人気の日本漫画『ドラえもん』の中国語版では、主人公である「野比のび太」の名前が「野比康夫」になっており、首相と同名であることにちなんだものだ。メガネをかけて何となく頼りない雰囲気も、イメージにぴったり合ったようだ。

「のび太くんがかわいそう」
「ドラえもんは助けに来なかったのか」

 辞任が報じられると、中国のニュースサイトやブログにはそんな書き込みが相次いだ。
 「政権投げ出し」に対する無責任との批判も、外電を引用する形で伝えられてはいる。しかし一般的には、お人好しの福田首相が、自民党内の権力闘争や野党の攻撃に耐えかね、辞任に追い込まれたと同情的に見る向きが大勢を占めている。

コメント15

「ニュースを斬る」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

グローバル市場でいい仕事をしたければ、まず「世界に通用する見識」を磨くことだ。

中谷 巌 「不識塾」塾長、一橋大学名誉教授