• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

メンタル面で考える、「次の首相はだれ?」

すべての要素を兼ね備えた東国原英夫・宮崎県知事

2008年9月4日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「私は自分自身のことは客観的に見ることができるんです。あなたとは違うんです」。そう言い残し、政治の表舞台を去った福田康夫首相。

 この言葉を聞いて、「最後まで、日本国を引っ張るリーダーとしてのスキルが欠落していた」と語るのは、ピークパフォーマンスの平本あきお代表だ。

 平本氏は、企業経営者や幹部などを対象に、「コーチング」と呼ぶメンタル研修を手がけている。最近ではアスリートのメンタルトレーナーとしても活躍。北京オリンピックで金メダルを獲得した柔道の石井慧選手も、平本氏にトレーニングを受けた1人だ。

明確なビジョンのほかに相手の気持ちが分かる能力も必要

 オリンピックの金メダリストを育て、多くの企業経営者を指導してきた平本氏は、成功している強いリーダーには以下に述べる4つのスキル(資質)が備わっていると指摘する。

1. 自分軸――目的(価値・ビジョン)をはっきりさせる

2. リソースフル――やる気をいつでもどこでも、どんな時でも、自分から引き出す

3. 立場力――どんな人であっても相手の立場に立てる。しかも、相手のニーズを満たせる

4. アサーション(自分の思いを伝える力)と影響力――誰にでも“自分”を伝えられる。しかも、相手からの協力を得られる

 1、2は、自分とのコミュニケーション能力である。「自分軸とは、今自分が何をやりたいのかという明確な目的を持っているかどうか。そして、その目的を遂行するやる気をいつでも引き出せる資質が、リソースフルです」(平本氏)。

 政治家として頭角を現す人物は、この2つのスキルを兼ね備えているという。ただし、これだけでは強いリーダーとは言えない。

 「常に、相手の立場を考えてあげられる想像力が必要です。これが立場力。その上で、自分自身のやりたいことを伝え、協力を仰ぐことができる能力、アサーションと影響力が必要になる」(平本氏)

 これは、上記3、4に該当し、自分以外の人とのコミュニケーション能力のことだ。これら4つのスキルがあって初めて人を動かすことができるという。

 「辞任した福田首相には、これら4つのスキルの、いずれもが欠けていた」と平本氏。中でも決定的に欠けていたのが、自分軸だと言う。

 例えば、スポーツ選手ならば「試合に勝つ」というしっかりとした自分軸が必要になる。「柔道の石井選手の場合は、『自分の柔道をしてもしなくても、試合に勝つ』という明快な自分軸があり、周囲にもそれが伝わっている」(平本氏)。

 翻って、福田首相はどうだったか。

コメント13件コメント/レビュー

今まで県知事経験者が総理大臣になった例はあまり聞いたことがありません。一方アメリカ大統領選挙の候補者には結構州知事がいたような気がします。日本は議院内閣制だから国会議員が総理大臣になるのはしょうがないのかもしれませんが、政党や政党内の派閥の長ぐらいしか経験したことがない人が日本を引っ張るよりも、東国原知事が妥当かどうかは別として、県知事や市長といったリーダーを経験した人が総理になったほうが良いかもしれません。(2008/09/09)

「ニュースを斬る」のバックナンバー

一覧

「メンタル面で考える、「次の首相はだれ?」」の著者

蛯谷敏

蛯谷敏(えびたに・さとし)

日経ビジネス記者

日経コミュニケーション編集を経て、2006年から日経ビジネス記者。2012年9月から2014年3月まで日経ビジネスDigital編集長。2014年4月よりロンドン支局長。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

今まで県知事経験者が総理大臣になった例はあまり聞いたことがありません。一方アメリカ大統領選挙の候補者には結構州知事がいたような気がします。日本は議院内閣制だから国会議員が総理大臣になるのはしょうがないのかもしれませんが、政党や政党内の派閥の長ぐらいしか経験したことがない人が日本を引っ張るよりも、東国原知事が妥当かどうかは別として、県知事や市長といったリーダーを経験した人が総理になったほうが良いかもしれません。(2008/09/09)

東国原知事を日本のリーダーにとは、日本の人材もここまで枯渇したかと絶望させる記事であった。まだ東国原知事の評価は早い。(2008/09/05)

一コラムにすぎないから何を書いても自由ということは重々承知の上で書き込みさせていただきます。民意を問うということを、人気投票ぐらいにしか考えていない今の政治状況を鑑みると、「東国原氏」を今ここで持ち上げるのは、良識あるメディアのすることではないような気がします。(2008/09/05)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

(マンションの即日完売という)異常な状況が、普通のところに戻ってきたのです。

沓掛 英二 野村不動産ホールディングス社長