• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

誰からも望まれていなかった首相

  • 児玉 博

バックナンバー

2008年9月8日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 横浜にあるホテルの一室。

 その老人は大きな窓から横浜港を見下ろしながら呟いていた。
 「横浜なら・・・」
 老人の目はうつろで、そこに生気を感んじることはできなかったようだ。老人の傍近くに付き添っているものから見ても、この日の老人はまさに“老いていた”。

 「横浜なら・・・、官邸に帰るより、野沢の方が近いんじゃないか。野沢に帰ってはダメなのか」

 老人の名は福田康夫。当時、首相の座にあった日本の最高権力者だった人物である。

 福田がいう野沢とは、福田の自宅がある世田谷野沢のことである。
 首相、福田は5月28日から3日間、横浜で開催される「アフリカ開発会議」に臨んでいた。その最中、福田は辞意を漏らしていたのである。

 実をいえば、道路特定財源を巡って国会が紛糾した最中にも福田は、
 「もう辞めたい」
 と漏らしていた。

 新聞の2面には首相のその日一日の動静を伝える欄をどの新聞も持っている。ためしに、縮刷版を繰ってみるといい。

 福田が在任期間中、ただ1回だけ、参議院のドンと呼ばれる青木幹雄がキングメーカー気取りの森喜朗と連れ立って首相官邸を訪ねている。これも、福田の漏らした言葉に驚き、辞意を思い留まらせるために急遽訪ねたのだった。

 首相になったことをこれほど祝福されない政治家も珍しかった。福田の地元でさえ反応は冷ややかだった。花火が上げられ、選挙区のあちこちで樽酒が振る舞われた父福田赳夫の首相就任の時の熱気は毛ほどもなかった。

 だいたいに地元の後援会幹部、地元事務所幹部などは、首相就任が決定した直後にこういうほどだったのだ。
 「なって欲しくなかった」
 と。

 なって欲しくなかった? もちろん、首相に、である。

コメント22件コメント/レビュー

確かに首相自身に実質なんの直接的権力も無いようなお飾りでしかないというのは理解してますが、それを理解しているであろうが、本人が達観してのらりくらりの事なかれ主義で時間を稼ぐような真似をするようでは困る。その意味では理想だけでも語った安倍さんの方がマシ。ただ、気概とビジョンともう少し人を巻き込む図々しさ等の能力が欲しくはあったが。その意味でただのお飾り言いなりのような有様だった福田さんは勿体無い時間の使い方をした。どうせ出来ないにしろもっと日本を改善する為の理想と意見を言って良かったと思う。回り(官僚他旧態腐敗勢力他)に配慮し過ぎた。しかし言ってる事だけ見れば共産が一番マトモなのが多いというのは笑うところなのか?何処も目糞鼻糞で批判と足の引っ張り合いだけ。選挙で当選することからしても政治家官僚マスゴミとかだけの責任じゃないし。民主主義といいつつ結局結党による党議拘束で実質民主じゃねえ。2大政党制なんてあっても無駄。アニメの製作委員会とかシステム開発のプロジェクト制などのように題目毎に同じ意見を持つ物が集って終われば解散するほうが良い。党として党員への意見の強制は法で禁止するべきなのではないか?(2008/09/10)

「児玉博の「見えざる構図」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

確かに首相自身に実質なんの直接的権力も無いようなお飾りでしかないというのは理解してますが、それを理解しているであろうが、本人が達観してのらりくらりの事なかれ主義で時間を稼ぐような真似をするようでは困る。その意味では理想だけでも語った安倍さんの方がマシ。ただ、気概とビジョンともう少し人を巻き込む図々しさ等の能力が欲しくはあったが。その意味でただのお飾り言いなりのような有様だった福田さんは勿体無い時間の使い方をした。どうせ出来ないにしろもっと日本を改善する為の理想と意見を言って良かったと思う。回り(官僚他旧態腐敗勢力他)に配慮し過ぎた。しかし言ってる事だけ見れば共産が一番マトモなのが多いというのは笑うところなのか?何処も目糞鼻糞で批判と足の引っ張り合いだけ。選挙で当選することからしても政治家官僚マスゴミとかだけの責任じゃないし。民主主義といいつつ結局結党による党議拘束で実質民主じゃねえ。2大政党制なんてあっても無駄。アニメの製作委員会とかシステム開発のプロジェクト制などのように題目毎に同じ意見を持つ物が集って終われば解散するほうが良い。党として党員への意見の強制は法で禁止するべきなのではないか?(2008/09/10)

20年前なら福田さんももっと国民に受け入れられたのではないか。20年前とはすなわち、日本の官僚は世界一優秀と言われていた時代です。政治家がダメでも官僚がしっかりしているから日本が成り立っていると言われていた時代です。今はどうでしょうか?官僚が世界一なんて信じている人はいません。いるとすれば霞ヶ関か永田町の住人だけですよね。福田さんの最大の過ちは、時代の変化を読みきれなかったこと、20年前と同じく、周囲のお膳立てに従っていれば、国政はそつなくこなせると信じていたことではないでしょうか。KYという言葉は好きではありませんが、この危機感のなさこそまさにKY。国民にそっぽをむかれた最大の原因だと思います。(2008/09/10)

なりたくてなった訳じゃない、という首相というポジションの役割・位置づけこそ変えるべきだよな。最低限、首相を退任しておいて議員でいるという精度だけは、変えて欲しい。福田さん個人、野党・与党の都合、制度、全部が良くないと思うよ。。。(2008/09/10)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

面白い取り組みをしている会社と評判になれば、入社希望者が増える。その結果、技能伝承もできるはずだ。

山崎 悦次 山崎金属工業社長