• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

景気回復に特効薬あり

新政権の経済課題とは何か

  • 濱田 康行

バックナンバー

2008年9月11日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

アジア従属の東京株式市場

 最近の株価の動きを見ていて気がついた。少し前まで日本の株価はニューヨーク株価の動向に大いに左右されていた。日本の早朝にニューヨークの結果を聞いておけば少なくとも前場の様子は予想できた。日本にとって、最大のお客さんの国がアメリカだったし、ある意味“従属国”だからこれは仕方ない。ところが最近は、アジア株の動向に左右されている。10年程前にはアジアに東京以外の証券市場などあるのかというぐらい東京市場の地位は大きかった。上海などは新興の小粒な市場だった。バンコクもムンバイも同様だった。ところが、最近の様子はまったく異なる。日本時間の朝9時に市場が開いて、しばらくは高くても、1~2時間遅れてアジアの諸市場が開き、その状況が伝わってくると東京市場が動揺するようになった。アジアの情報に日本が敏感になることは悪いことではないが、少なくとも世界第三位の大市場が周辺の小さな市場に影響されてしまうのは“情けない”のである。

株価グラフ

 こうなってしまう直接の原因は、アジア諸国への極端な輸出依存があるからだ。いまでは、中国・アジア諸国がくしゃみをすると日本はカゼをひくのかもしれない。

総合景気対策の実効性は?

 さて、かくも情けなくなった日本経済を元気にする方法はあるのか。ここでは、長期的な構造的な問題でなく短期的な視点で考えてみよう。となると、目下の焦点は「総合経済対策」だ。

 8月の末にそれは発表されたのだが、エコノミストの評判はあまり高くない。もっとも事前のふれ込みもノーサプライズだったから“失望”も生まなかった。政策は生活不安解消、持続可能社会、新価格体系の三本柱で構成されるが、これだけみても景気対策らしくない。というのは、景気対策の基本は今も昔も需要創出なのだが、それに直結するものがないからである。バラ撒くというのは表現がよくないが、需要は所得からつくられる。その方法は経済主体にお金を与えるか、引き去るのをやめる以外にない。問題はそれを経済のどの分野で行うかだ。いかに需要の波及の効率化をはかるかである。バラ撒き批判は当然だが、あまりこれにこだわると景気対策そのものが不可能になる。当然のことながら、財源を赤字国債にするかどうかは“バラ撒き”とは別の問題だ。

真水は少々

 中身の検討に入ろう。総額11兆5000億円というのが見かけ倒しなのはすぐにわかる。そのうち9兆円余が中小企業向け金融の単なる枠だからである。これは中小企業が借りに来て初めて効果が出る。イギリスの例えだが、馬が水飲み場に来る元気がなければ水を用意しても仕方ないのである。

コメント9件コメント/レビュー

国債依存はどうかと思う?将来(次世代)に借金を残して今を何とかすると言うのはあまりに無責任ではないか?第一失われた10年で発行された赤字国債がどうなったか??先ずは借金を返してからの話でしょう??段取りとして。(2008/09/11)

「ニュースを斬る」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

国債依存はどうかと思う?将来(次世代)に借金を残して今を何とかすると言うのはあまりに無責任ではないか?第一失われた10年で発行された赤字国債がどうなったか??先ずは借金を返してからの話でしょう??段取りとして。(2008/09/11)

金融の手綱を緩めれば金融機関が活性化するというお話のようですが、なぜこの10年間にこんなにも手綱が締まったかについての反省がない金融機関は元の緩さに戻せば再び同じバカを繰り返すだけでしょう。緩め具合がキモということになると思います。 あとは昔毒水を飲まされた馬がそれを忘れて水を飲みに来てくれさえすればいいんですよね。(2008/09/11)

バブル崩壊後、ずっと長期の景気低迷が続いていると喝破したメディア情報は初めてです。固定費であるはずの人件費を非正規雇用で変動費化して20年近くも企業は水面上すれすれのところで青息吐息のまま生き残ってきたのを「いざなぎを超える長期成長」などと国民を騙し続け、安心させて消費を拡大させれば景気はよくなるはずと小学生の経済学で20年間が過ぎました。メディアも、政府や行政ににらまれるのが怖くて、経済は循環するものだからとか言って政府の騙しのテクニックの片棒を担いで恬として恥じる様子が見られません。第2の敗戦期と言われ、800-1,000兆円の経済損失を国民に負わせた事実を断罪し、戦犯を裁き、早急に戦後の復興を促すのがマスコミの仕事でしょう。マスゴミにならないよう。(2008/09/11)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

店長や売り場主任などの管理職は、パートを含む社員の声を吸い上げて戦略を立てることが重要だ。

川野 幸夫 ヤオコー会長