• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

トヨタ、北米新工場の胸中

ビッグスリー迷走で際どい舵取りへ

  • ニューヨーク支局 金田 信一郎

バックナンバー

2008年12月16日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

12月4日、トヨタ自動車はカナダの新工場を立ち上げた

12月4日、トヨタ自動車はカナダの新工場を立ち上げた

 スポットライトを浴びながら、トヨタ自動車の渡辺捷昭社長の心中は複雑だったに違いない。12月4日、米自動車大手3社が、救済策を議会に懇願している日のこと。カナダ・オンタリオ州で、トヨタ新工場のオープン式典が開かれた。

 雇われた1200人の従業員は、式典の時間が近づくとウエーブを起こし、歓声を上げた。

 世界的な不況の中、新工場が立ち上がる――。経済活性化への期待から、産業大臣も駆けつけ、渡辺社長とともに、1号車の前で笑顔を見せた。

 その光景は、苦々しい表情のビッグスリー首脳とは対照的だった。その頃、崖っぷちの3人は、米上院の公聴会に出席し、厳しい質問を浴びていたのだ。

「トヨタ批判」の回避

 「失敗を犯しました」。米ゼネラル・モーターズ(GM)のリチャード・ワゴナー会長は、席上で経営責任を認めた。つい2週間前、自家用ジェット機で議会に乗りつけ、「低迷は金融危機のせいだ」と発言したが、厳しい批判にあい、姿勢を一転させた。

 各社のトップは、自らハンドルを握ってデトロイトからクルマでやってきた。席上でも低姿勢を貫き、経営監督機関を設置するという屈辱的な提案にも、「決定に従います」と同意するしかなかった。

 そんな中、トヨタが決めた日程はタイミングが悪すぎた。

コメント6

「時事深層」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

意外なことに、伝統的な観光地が 訪日客の誘致に失敗するケースも 少なからず存在する。

高坂 晶子 日本総合研究所調査部主任研究員