• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

第1話 女子高生にも「いってらっしゃいませ」

  • 出井 康博

バックナンバー

2008年12月26日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 師走は議員も忙しい。

 12月、民主党代議士・Aは東京と地元を飛行機で毎日のように往復している。午前中は国会に出て、夕方には地元で支持者との忘年会に参加する。そして時間があれば、早朝から駅頭に立つ――。

 この日は午前6時50分、秘書の運転で選挙区内にある駅に到着した。駅は郊外のベッドタウンに位置しているが、通勤客はまだまばらだ。小雨が降る中、すでにもう1人の秘書がやってきていて、緑地に白い文字でAの名前が大きく書かれたノボリとスピーカーを、駅に上る階段脇に設置している。

 その秘書と少し言葉を交わした後、Aはロータリーで客待ちをするタクシーの運転手たち、続いて違法駐輪車の取り締まりをしている老人のもとへと近づき、深々と頭を下げた。馴染みなようで、彼らも笑顔で応えている。

午前5時半起床、「朝ズバッ!」を横目に身支度

 そして再びノボリとスピーカーの設置された場所へ戻ると、ネクタイを締め直し、小さく咳払いをした。ちょうど午前7時、駅頭演説を始める時間だ。

早朝、最寄り駅で短いフレーズで訴える候補者A

 「おはようございます。わたくしは、皆様の代表として国会に行かせていただいております、民主党のAでございます…」

 ゆっくりとした調子で、声は張り上げない。ハンドマイクの音量も抑えている。通勤客に迷惑がられては、せっかくの演説が逆効果になってしまう。

 Aは前夜、地元市会議員らのインターンを務める学生たちとの飲み会に参加した。酒を飲まない議員の車で送ってもらい、自宅に戻ったのは午前0時を回っていた。

 今朝は5時半に起き、みのもんた司会のワイドショー「みのもんたの朝ズバッ!」を横目に身支度をした。この番組には民主党の同僚議員が出演することも多いが、顔ぶれはいつも同じだ。Aのような知名度の低い議員に声が掛かることはない。

 午前6時過ぎ、事務所でリースしているプリウスに乗って秘書が自宅まで迎えに来た。朝食はダイエットのため抜くのが習慣だ。夜は連日のように会食が続く。Aは酒を注がれると必ず飲み干してしまう。体重は放っておくと、どんどん増えていく。健康診断では中性脂肪と血糖値に注意するよう指摘された。規則正しく運動できればいいだろうが、ジムに通うような時間などない。

 車の中で朝刊の見出しに目を通す。新聞は自宅、地元と東京の事務所、2人の秘書で別々のものを1紙ずつ購読している。気になる記事があれば秘書から報告してもらう。

胸のポケットにはiPhone、ネット接続に予定の確認

 新聞をたたむと、胸のポケットからiPhoneを取り出した。インターネットに接続し、新たな予定が入っていないか確認するためだ。購入したばかりで、スクロールする手つきがたどたどしい。40代半ばになって老眼が進んだのか、小さな字が見え難い。

 「じゃあ、今日はそこを右に曲がって」

 iPhoneを操作しながら、後部座席から道順の指示を細かに出す。通い慣れた駅までの運転すら、秘書に任せられない性格なのだ。

 Aには初めての選挙で落選した過去がある。その後、次の選挙までの丸3年間、自らハンドルを握って選挙区内を隅々まで走り回った。落下傘候補として見ず知らずの土地にやってきたAだが、今では「地元のタクシーの運転手よりも道には詳しい」と自負している。

コメント19

「衆院選「候補者A」かく闘わんとす」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

本当の問題は労務費ではありません。 熟練技能を持つ職人さんが 少なくなっていることです。

押味 至一 鹿島社長