• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

雇用調整の合理性崩れる

矢面に立つ自動車メーカー、対応に苦慮

  • 江村 英哲

バックナンバー

2009年1月14日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「派遣従業員の解雇は一義的には派遣元の会社が行っている。それでも派遣先である我々に批判が及ぶ状況は理解できるが、生産台数が激減している以上、会社が傾くまで雇い続けることはできない」――。

 2008年末の段階で、約200人の非正規従業員の雇用契約を打ち切った日産ディーゼル工業の竹内覚社長は、日経ビジネスのインタビューにこう語った。

 日産ディーゼルの今年1月の生産台数は、前年同月比で35%まで落ち込む見通し。「新車の商談のキャンセルが相次いでおり、どれだけ在庫がかさむか予想できない。こうした状況では、正社員の雇用を守ることがどうしても優先される」(竹内社長)。その言葉からは、雇用問題に対する経営者側の苦しい胸の内がうかがえる。

全完成車メーカーが人員削減

 世界経済の急減速を受け、日本企業が相次いで雇用削減を進めている。その筆頭が自動車業界だ。2008年末には、国内主体の軽自動車メーカー、ダイハツ工業まで削減に動き、これで完成車メーカー全社が人員削減に着手することになった。

 企業側の危機感は強い。今年1月5日に自動車工業団体が開催した新年賀詞交歓会は、日本自動車工業会会長を務めるホンダの青木哲会長の「今までに経験したことのない危機の中、企業は存続を懸けた大胆な取り組みが必要になっている」という挨拶で開幕した。

 その会場で日産自動車の志賀俊之COO(最高執行責任者)は「今年の後半くらいには、状況がもっと悪化することも考えられる」と厳しい見方を示した。

 これだけ先行きが見えない中で、企業が人員削減を伴う経費圧縮に傾斜するのは、ある意味、合理的な選択と言えるかもしれない。

 しかし、事は合理性で片づけられる状況ではなくなってきた。連日のようにテレビのワイドショー番組でも、雇用問題を取り上げるようになっており、企業の社会的責任を求める声が日増しに強まっている。

コメント33件コメント/レビュー

どうして派遣社員を切った会社がニュースとして叩かれるか理解できない。基本は派遣社員で、雇用の調整弁の役割でしょ?しかも製造業に派遣を解禁した事まで、おかしかった等と言い始めているが、数年前に遡れば、製造業の海外進出化にて、国内製造業の空洞化だといって騒いでいたマスコミや評論家とか言う輩が騒いでいる。企業も慈善事業ではなく、営利目的とし、きちんと雇用契約を締結してる正社員の雇用を守る事を優先し始めるのは自明の理ではないだろうか。年越し派遣村においても、記事によっては半分近くが路上生活者であり、本来目的とは違う連中も多かったように思える。またそこには政治色の強いスローガンを掲げた輩も多くいたと見られ、結局は『道具』として使われているだけに過ぎないように思う。基本はあくまでも期間工であったり派遣労働者である事をわかった上で、働き、生活しないと駄目なのではないでしょうか。兎も角働きたいのならば、選り好みをせずに働けばよいと思います。あちこちの求人情報が出ているのに、この状況になっても色んな条件を出している連中も信じられない。やっぱり日本て平和な国だと思いますよ。結局、誰かが助けてくれると思っているところが、ありありと見える。もっと自己防衛も含めて強くならないと海外の連中を相手に戦えるはずがない。生きていく事への真剣さが違うよ。(2009/01/19)

オススメ情報

「時事深層」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

どうして派遣社員を切った会社がニュースとして叩かれるか理解できない。基本は派遣社員で、雇用の調整弁の役割でしょ?しかも製造業に派遣を解禁した事まで、おかしかった等と言い始めているが、数年前に遡れば、製造業の海外進出化にて、国内製造業の空洞化だといって騒いでいたマスコミや評論家とか言う輩が騒いでいる。企業も慈善事業ではなく、営利目的とし、きちんと雇用契約を締結してる正社員の雇用を守る事を優先し始めるのは自明の理ではないだろうか。年越し派遣村においても、記事によっては半分近くが路上生活者であり、本来目的とは違う連中も多かったように思える。またそこには政治色の強いスローガンを掲げた輩も多くいたと見られ、結局は『道具』として使われているだけに過ぎないように思う。基本はあくまでも期間工であったり派遣労働者である事をわかった上で、働き、生活しないと駄目なのではないでしょうか。兎も角働きたいのならば、選り好みをせずに働けばよいと思います。あちこちの求人情報が出ているのに、この状況になっても色んな条件を出している連中も信じられない。やっぱり日本て平和な国だと思いますよ。結局、誰かが助けてくれると思っているところが、ありありと見える。もっと自己防衛も含めて強くならないと海外の連中を相手に戦えるはずがない。生きていく事への真剣さが違うよ。(2009/01/19)

そもそも出版業界がフリーライター雇いまくって間に合わせの記事書いてる時点で、何を発信しても説得力が無い。----正社員として記者の雇用を守ればどれだけの負担になるか試算してみては?(2009/01/17)

国内需要に基づいて自動車会社を運営したら経営規模は5分の1くらい?正規・非正規含めてほとんど失業ですねえ。もともと外需分は現地生産へ舵を切った方が経営面でも有利なのをわざわざ国内工場で回していたという話ですが、むしろ今まで企業に甘えていたツケが回ってきたということになりはしませんか?(2009/01/16)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

平等であることは人権でもあり、ビジネスの成功のカギでもある。

ヘレン・フォン・ライス イケア・ジャパン社長