• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

もう、そこにある日本のデフレ

データから見えてくるデフレスパイラルの恐怖

  • 桑原 進

バックナンバー

2009年1月15日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 物価の下落と需給ギャップの拡大が悪循環を起こすデフレスパイラル。1930年代の世界恐慌で猛威を振るったため、深刻なデフレは多くのエコノミストにより恐れられています。わが国は90年代後半のアジア通貨金融危機の際にも、深刻なデフレ発生の危機に直面し、財政・金融政策を総動員することになりました。

食料とエネルギー以外の物価は横ばい

 デフレの恐怖は再来するのでしょうか? 結論から言うと、2009年1月現在、すでにわが国では、物価の持続的下落という意味でのデフレは発生しつつあります。その様子を、消費者物価指数で確認しましょう。

 まず、消費者物価指数の前年同月比を示すグラフを見てみましょう(図表1・消費者物価指数・生鮮食料品を除く総合)。消費者物価指数は、季節調整値があるにもかかわらず、前年同月比で語られることが多い指標です。すると本稿執筆時点で入手可能な最新のデータである2008年の11月時点の数字を見ても、1.0%増となっており、依然として消費者物価は上昇しているように見えます。

図、消費者物価指数(全国、生鮮食料品を除く総合)前年同月比の推移

 しかし、足元の動向を知るためには、季節調整済みの消費者物価指数の水準を見ることが必要です。図表2でその指数を見てみましょう。すると、2008年の9月をピークに物価指数は落ち始めています。このペースで行けば、来年の夏頃までには、高い確率で前年同月比はマイナスとなることでしょう。

 図表2には、もう1つの指標も併せて掲載しています。それは、「食料およびエネルギーを除く総合」という指標です。これは文字通り、食料の価格およびエネルギーの価格を除いて計算した物価指数です。これを見ると、食料とエネルギー以外の国内の物価は、ここのところ横ばい、すなわち安定して推移してきたことが分かります。

図、消費者物価指数の水準(季節調整値)の推移

 2008年夏まで物価が上昇し、インフレが懸念されましたが、実際には、世界的な食料・エネルギー価格の高騰の余波を受けただけで、それ以外の国内的な要因は、物価上昇に全く寄与していなかったということになります。2008年夏以降は、世界的に食料・エネルギー価格が下落してきていますから、今後は国内の物価下落要因になりつつあるのです。

コメント9件コメント/レビュー

物価が上がらないのは購買力が上がらないから、もっと簡単に書くと給料が下がっているから買える物の値段も下がっている。国が膨大な国債をばら撒き借金をしたお金が給料を増やしていればこの問題が解決されるが、半分くらいしか貧困層の安い給料に回っておらず、後は無駄な道路や役人の給料になっていて役に立っていない気がする。いっその事、物価を上げるために消費税を15%ぐらいまで上げれると良い。消費税を上げれば絶対物価は上がる。そのお金を安い給料で福祉で働く人たちに回せば購買力が底上げされより物価が上がるはず。消費税を上げて物価を上げよう!(2009/01/19)

「ニュースを斬る」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

物価が上がらないのは購買力が上がらないから、もっと簡単に書くと給料が下がっているから買える物の値段も下がっている。国が膨大な国債をばら撒き借金をしたお金が給料を増やしていればこの問題が解決されるが、半分くらいしか貧困層の安い給料に回っておらず、後は無駄な道路や役人の給料になっていて役に立っていない気がする。いっその事、物価を上げるために消費税を15%ぐらいまで上げれると良い。消費税を上げれば絶対物価は上がる。そのお金を安い給料で福祉で働く人たちに回せば購買力が底上げされより物価が上がるはず。消費税を上げて物価を上げよう!(2009/01/19)

今後米国では大規模な財政出動が期待されますが、これはドル高・円安につながります。ドル高円安でなく円高ドル安では?(2009/01/18)

近年のデフレの大きな要因として“グローバルスタンダード”があるのではないかと思います。世界の企業が低賃金を求めて中国やインド等に生産拠点を求めまた低賃金労働者を“輸入”しています。これが先進国の賃金の引き下げ要因になり、且つ低コスト商品の輸入によって物価引き下げ要因になっているのではないかと思うのです。この現象は、賃金や商品の価格が国際的に平準化するまで続き、平準化されたときに先進国のデフレが収まると考えます。その時中国、インド更に中南米のような広大な国土と人口を持った国が広大な市場になり、新商品を含めて新たな産業構造が出来上がり正常な経済構造が出来てくるのではないかと考えます。(2009/01/16)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リクルートは企業文化そのものが競争力です。企業文化はシステムではないため、模倣困難性も著しく高い。

峰岸 真澄 リクルートホールディングス社長