• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

第4話 新党結成はもうお腹いっぱい

  • 出井 康博

バックナンバー

2009年1月23日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 麻生政権の不人気が続く中、自民党が揺れている。消費税の引き上げ問題を巡って、中川秀直・元幹事長らは国会採決時の“造反”をほのめかす。

 渡辺喜美・元行政改革担当相は、すでに定額給付金などに反対して離党。1月16日には、無所属の江田憲司・衆院議員と政策グループを立ち上げた。将来の政界再編を睨みつつ、新党結成も噂されている。

 一方で民主党は、総選挙後の連携も視野に入れてか、渡辺・江田両氏の選挙区で公認候補の擁立を見送ったままだ。

 「候補者を立てないのは、実質的に支援するのと同じです。民主党幹部との間で話し合いがあったのかどうか、私のレベルでは分かりません。しかし私自身も、渡辺さんとは、官僚支配の打破や地域主権など、個々の政策で重なる部分が多いのは確かです」

 民主党代議士・Aは、そう断ったうえで続ける。

 「でも、だからといって一緒に新党をやろうなどとは思いません。同僚の民主党議員とも、渡辺さんのことは話題にすら上らない」

10年前に新党結成を目指すも挫折

 麻生政権の支持率は、20パーセントを切るまでに落ち込んだ。ただし民主党への期待も、いま一つ盛り上がりに欠ける状況だ。

自民党に離党届を提出後、記者会見で届け出た書面を見せる渡辺喜美元行政改革担当相(c)AFP

自民党に離党届を提出後、記者会見で届け出た書面を見せる渡辺喜美元行政改革担当相(c)AFP

 「古い世代が牛耳る民主党はなあ…。どうして、キミたちの世代がもっと頑張らないんだ。志のある若い人間が、党派を超えてでも結集していけばいいじゃないか」

 Aも最近、地元の支持者からのそんな声を何度か聞いた。

 「確かに、新党結成といえば、かっこいいかもしれません。しかし、それがどれだけ大変なことか。私の経験からも分かっているつもりです」

 Aは約10年前、仲間と新党結成を目指したことがある。まだ、国政に立候補する前の話だ。

コメント6

「衆院選「候補者A」かく闘わんとす」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リストラなどつらい経験もありましたが、多くの山に登ったことで、別の景色が見えやすくなりました。

吉田 秀俊 VAIO社長