• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

これでは“派遣切り”予備軍に

役所が貪る「外国人介護士・看護師受け入れ利権」

  • 出井 康博

バックナンバー

2009年1月29日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 今日1月29日、約100人のインドネシア人介護士が、日本国内の老人介護施設に配属され、仕事を始める。彼らは、日本が初めて介護分野で受け入れた外国人労働者だ。

 日本とインドネシア両政府が結んだ経済連携協定(EPA)に基づき昨年8月、ほぼ同数の看護師とともに来日し、日本語の勉強に励んできた。首都圏の介護施設に配属が決まったD君もその1人だ。筆者はD君が来日する直前、インドネシアの首都ジャカルタで取材したことがある。

 いよいよ日本で介護の仕事を始める前に、D君の近況を知りたくて、2週間前に彼と会って話を聞いた。インドネシアにいた頃、D君は日本語が全くできなかった。しかし日本に来て半年が経ち、彼は日本語で次々と質問してきた。

 「アパートでインターネットは使えますか」
 「ヘルスインシュランス(健康保険)は入っていますか」
 「モスクはありますか」

 特訓のかいあって、D君は日本語で簡単な会話ができるまでにはなっていた。だが、筆者には疑問だった。果たしてこの程度の日本語で、今日から始まる介護の仕事を務められるのか…と。

インドネシア人介護士・看護師の就労が開始したのはいいが

来日前のインドネシア人介護士たち (著者撮影)

 久々に会った筆者に彼が次々と質問してくるのは、日本語ができるようになったことを示したかったからではない。

 就労先の情報が、受け入れ実務を担った厚生労働省の関連団体から十分に得られないまま、配属されようとしているからなのだ。異国の地に来て、現地の言葉も十分に話せない状況では、不安になって藁(わら)にもすがりたくなる気持ちがよく分かる。

 こうしたD君の様子を見るにつけ、外国人介護士や看護師の受け入れが始まったのはいいが、彼らの就労先での生活が不安になってくる。

5年後に介護職は50万人不足の予測も

 D君は、もともとジャカルタで看護師として働いていた。当時の月収は日本円で1万円にも満たなかった。日本行きを希望したのは、インドネシアでは考えられない高収入に惹かれてのこと。本当は日本でも看護師をやりたかったが、経験が短く介護士で申し込むしかなかった。

コメント66件コメント/レビュー

取材により指摘されている点については、もっともな部分もあると思いますが、今回のインドネシア人のEPAはギリギリの期限の中の折衝で決まった背景もあり、両国にとって十分な準備ができなかった事実はあります。しかし、来年度からの受け入れについては、今年度の受け入れについての見直し案が反映されており、6ヶ月の日本語研修のうち4ヶ月はインドネシアで実施するなどの改善案が示されています。また現地での面接についても受け入れ希望施設に配慮した形に変化しつつあります。今月には受け入れ説明会が実施されるので是非足を運んでいただければ、JICWELSに対する一方的な批判以外の感想ももたれるのでは?実際に見学してみてインドネシア人研修生らは日本ではかなり手厚くもてなされているという実感もあります。またもともと長期滞在のビジョンで入国しているひとはほとんどいないという印象を受けました。日本人においても介護福祉士は必須資格として準備が進められており、平成25年の試験からは、専門養成校で2年の勉強をした人にも、国家試験の受験が課せられるようになります。またヘルパー2級の資格者には600時間の基礎研修も課せられるようになり、日本人だからといって決して安易に仕事ができるわけではありません。介護が専門職として社会的に認知され、安価な労働力として量産されないように、日本の国の中でも様々な取り組みがされていることもふまえていただければと思います。(2009/03/02)

「ニュースを斬る」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

取材により指摘されている点については、もっともな部分もあると思いますが、今回のインドネシア人のEPAはギリギリの期限の中の折衝で決まった背景もあり、両国にとって十分な準備ができなかった事実はあります。しかし、来年度からの受け入れについては、今年度の受け入れについての見直し案が反映されており、6ヶ月の日本語研修のうち4ヶ月はインドネシアで実施するなどの改善案が示されています。また現地での面接についても受け入れ希望施設に配慮した形に変化しつつあります。今月には受け入れ説明会が実施されるので是非足を運んでいただければ、JICWELSに対する一方的な批判以外の感想ももたれるのでは?実際に見学してみてインドネシア人研修生らは日本ではかなり手厚くもてなされているという実感もあります。またもともと長期滞在のビジョンで入国しているひとはほとんどいないという印象を受けました。日本人においても介護福祉士は必須資格として準備が進められており、平成25年の試験からは、専門養成校で2年の勉強をした人にも、国家試験の受験が課せられるようになります。またヘルパー2級の資格者には600時間の基礎研修も課せられるようになり、日本人だからといって決して安易に仕事ができるわけではありません。介護が専門職として社会的に認知され、安価な労働力として量産されないように、日本の国の中でも様々な取り組みがされていることもふまえていただければと思います。(2009/03/02)

官僚だけが悪だという決めつけに過ぎない。低賃金の3Kのままでは人手不足なのは当たり前で、それを所得格差の大きい外国人に委ねようとする。消費税増税には大反対で介護は外国人労働者に委ね、国民は低負担高福祉に安住できるというのは虫がよすぎる。その矛盾を官僚のせいだと言っているだけ。こんなビジョンのない国民に未来はあるのだろうか。(2009/02/03)

本当は受け入れたくないため、意地悪のような仕組みを考えたのだろうが、役人の国民から乖離した、私服を肥やすだけの発想には、うんざりだ。(2009/02/03)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

店長や売り場主任などの管理職は、パートを含む社員の声を吸い上げて戦略を立てることが重要だ。

川野 幸夫 ヤオコー会長