• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

企業に公的資金、でほくそ笑む政治家

利権化する「100年に1度の危機」

  • 杉山 俊幸

バックナンバー

2009年1月30日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

コメント7件コメント/レビュー

 公的資金が投入される企業とはどんな企業かを公表すべきである。利己は悪、利他が正義とするならば、今日に至る過去10年間での企業からの納税額などを公表すべきである。 つまり、国や地方の行政にどれだけ貢献しているか、してきたかで企業を評価しなければ、税金は「取られ損」=脱税が横行する社会になりかねない。 貯蓄の利子、介護保険料、国民年金の支払い、消費税、その他の税金など給料を抑えた上に名を変えた重税にあえぐ国民に理解できる説明があるべきではないだろうか。(2009/02/03)

「ニュースを斬る」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

 公的資金が投入される企業とはどんな企業かを公表すべきである。利己は悪、利他が正義とするならば、今日に至る過去10年間での企業からの納税額などを公表すべきである。 つまり、国や地方の行政にどれだけ貢献しているか、してきたかで企業を評価しなければ、税金は「取られ損」=脱税が横行する社会になりかねない。 貯蓄の利子、介護保険料、国民年金の支払い、消費税、その他の税金など給料を抑えた上に名を変えた重税にあえぐ国民に理解できる説明があるべきではないだろうか。(2009/02/03)

公的資金を投じられた大企業については、その下請けである中小企業の破綻を回避できるような策を実施すること。というような義務付けを行うべきではないか。大企業だけが役員も従業員も高給等の高待遇を継続しながら、公的資金を受けていくことに政治化とのつながりを疑ってしまう。この記事に書かれていたように、日本国政府は何を遺したいのか、どんな業種、どんな技術、どんな企業形態、どんな人物、どんな独創力、など、そのあたりをハッキリさせて、公的資金投入の基準としていただきたいと思う。たとえば、国が若者に求めている社会人基礎力のような指標を作って、公的資金を投入する意義を国民にしっかりとわからせてほしいと思います。(2009/01/31)

せめて、役員を変えるなど最低限のことはして欲しい。国が助けてくれると思うと頼るつもりはなくても頼ってしまいます。私も甘えてばかりです。情けないと思っても恐怖に打ち勝つのは難しいと思います。(2009/01/31)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

お客様が低価格に慣れてきている。

片岡 優 ジェットスター・ジャパン社長