• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「新宿さぼてん」が女性チームで復活

とんかつは男性の食べ物という「常識」から脱却

2009年2月3日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 とんかつを中心にメニュー展開する「新宿さぼてん」などを運営するグリーンハウスフーズ(東京都新宿区)が、女性社員を商品開発の中心に据えて業績を回復させた。2008年12月まで18カ月連続で、既存店売上高が前年同月比を上回っている。特に12月は、創業から43年で過去最高の月間売上高を記録した。

 同社は2006年3月期まで、10年にわたって毎年数パーセントずつ売り上げを落としてきた経緯がある。起死回生を狙って、2005年4月に設置したマーケティングチーム「ダンブー」が、新たな顧客ターゲットに位置づけた女性客の視点に立った商品開発とサービス向上に取り組んできた。その結果、この1年半で売り上げが回復した。

実は顧客の大半は女性だった

 とんかつを好むのは中年の男性客――。長年、同社の社員はそう思い込んできた。事実、レストランでもデリカでも、POS(販売時点情報管理)システムの上では購入者は男性客のほうが女性客を上回っている。すると社内では自然に、商品開発などの中核部署には客層と重なるベテランの男性社員が配置されることになった。

 そうした長年の「常識」を疑ったのは、2004年9月に日本マクドナルドから転じた上田実専務だ。全国に約440ある店舗を回って店長らと話したり、顧客を観察したりして、「重点顧客は男性」とする方針に違和感を覚えるようになった。

 そこで改めて顧客アンケートを取ったり、聞き取り調査を重ねたりしたところ、レストランでは顧客の51%が、デリカでは実に70%が女性客だと分かった。レジで財布を出すのは男性でも、商品を口にしているのは女性客のほうが多かったわけだ。

 そこで、上田専務の肝入りで立ち上がったのがダンブーである。当時、商品開発やマーケティングとは無縁だった「素人」の若手女性社員5人を女性客を意識した新商品開発に抜てきした。ただし、女性向けの市場開拓に長けたマーケティング会社の社員3人をチームに加え、8人でプロジェクトを組ませた。

 ダンブーが最初に取り組んだのは、女性客の声を拾い集めることだった。600人の女性モニターを組織し、彼女たちに毎月1~2店を食べ回ってもらった。こうした作業をミステリーショッピングの専門会社に依頼しなかったのは、商品やサービスの欠点を洗い出したいわけではなく、顧客の生の声を直接聞ける体制を作りたかったからだ。あくまでも一般消費者の目線を保つため、モニターは半年でメンバーを入れ替えている。

 ダンブーのメンバーは、ベテランの男性社員が中心だった商品開発の現場に飛び込み、最初は邪険にされながらも、「豚キムチメンチ」「やわらかロース重ねかつ」「エビグラタンコロッケ」など、従来の新宿さぼてんにはなかった新商品を、女性客の声を生かして次々と生み出していった。

「日経情報ストラテジー発ニュース」のバックナンバー

一覧

「「新宿さぼてん」が女性チームで復活」の著者

上木 貴博

上木 貴博(うえき・たかひろ)

日経ビジネス記者

2002年に筑波大学を卒業し、日経BP入社。「日経ビジネス」「日経情報ストラテジー」「日経マネー」編集部などを経て、2016年4月から現職。製造業を中心に取材中。趣味は献血(通算185回)。相撲二段。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

変化を受け入れやすい組織体質があればビジネス上の“地殻変動”が起きた際にも、他社に半歩先んじられる。

井上 礼之 ダイキン工業会長