• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

為替の“ダブル安”が直撃

欧州でキヤノンやソニーが「苦渋の」値上げ

  • ロンドン支局 大竹 剛

バックナンバー

2009年2月4日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 欧州のデジタル家電市場で今年1月から、日本メーカーによる販売店への出荷価格引き上げが相次いでいる。キヤノンは、一部のデジタルカメラやバッテリーなどの消耗品で10~15%程度の値上げを実施。ソニーも、薄型テレビなどを含む幅広い製品で10~20%程度の値上げを順次、実施している。

 原因は円高だ。昨秋、金融危機が勃発して以来、対円のユーロ相場は160円台から115円台まで暴落。年明けには130円前後まで戻したものの、英国が金融機関に対する追加救済策を発表した1月19日以降、欧州で金融不安が再燃し21日には112円台に突入した。

対ユーロのポンド安が追い打ち

ポンド安(対ユーロ)が上乗せ

 円高のスピードは企業の予想を上回る。1月22日に2009年3月期の業績見通しを大幅下降修正したソニーは、1~3月期の想定レートを1ユーロ=140円前後から120円前後に引き下げたが、円高はそれよりはるかに進んでいる。

 「コスト削減によって、極力、為替の影響を吸収したいとは思っているが、もはや耐えきれない」。キヤノン・ヨーロッパの福地誠ダイレクターは、苦渋の表情を浮かべる。

 だが、欧州に進出している日本企業を悩ませているのは、ユーロ安だけではない。英ポンドやロシアのルーブル、トルコリラなど、ユーロに対するほかの欧州通貨の為替相場が、ここにきて急速に下落していることだ。

コメント4件コメント/レビュー

ここで又、韓国勢にやられるのは、何とも業腹です。何とか頑張ってもらいたいものです。秘本は韓国に技術指導し、家電も自動車も彼等のコスト無視の営業にやられっぱなしです。グローバル経済は、本当に難しいですね。(2009/02/04)

「時事深層」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ここで又、韓国勢にやられるのは、何とも業腹です。何とか頑張ってもらいたいものです。秘本は韓国に技術指導し、家電も自動車も彼等のコスト無視の営業にやられっぱなしです。グローバル経済は、本当に難しいですね。(2009/02/04)

円の独歩高ですよね。各国の中央銀行が競って金融緩和して景気を支えているのに、日銀がtoo late, too littleな金融政策しか行わないのだから仕方ありません。麻生政権は財政出動と言っていますが、財政出動するとさらに円高が進むことになる。(2009/02/04)

値上げすればいいんです。それでも売れるものは売れます。(2009/02/04)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「タイム・トゥ・マーケット」で売らないともうからない。

栗山 年弘 アルプス電気社長