• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「旧ソ連式」で工学部改革を

中国 量産される「頭でっかちエリート」

  • 佐藤 紀泰

バックナンバー

2009年2月12日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 中国でも経済成長の鈍化に伴い、大学卒業者の「就職氷河期」ぶりが話題になっている。最近5年間ほどで大学の定員が2倍以上に増え、かつては「金の卵」とされた工学部卒業者ですら内定確保が難しい状況だ。中国の今後の産業競争力を左右しかねない「工学部」問題にどう取り組むのか。日本の文部科学省に相当する中国教育部で、理工系大学の改革などを担当する科技委のトップである倪維斗(ニイウェイドウ)・主任(清華大学元副学長・現教授)に聞いた。

(聞き手は佐藤 紀泰)

  大学を卒業しても就職が難しい現状をどう見ているのか。

中国教育部科技委の倪維斗主任は、中国の大学工学部におけるエンジニア教育の見直しを説く

中国教育部科技委の倪維斗主任は、中国の大学工学部におけるエンジニア教育の見直しを説く (写真:町川 秀人)

  2002年頃から定員を2倍ぐらいに増やした大学が多く、現在、中国全体で大学入学者が年間500万~600万人になっている。大学の施設も教員も足りず、苦しい状況が続いてきた。就職が難しくなったのはやむを得ない面もあるが、大学での教育は必ず役に立つはずだ。

  中国の工学部系でトップの清華大学はどうか。

  清華大学の入学者は年3000人程度で、ほとんど増やさなかったから、学生の水準は高い。エリートばかりで就職には困らない。ただ、北京など大都市にある有力な国有企業にばかり行きたがることが問題だ。

 清華大学では以前、「エンジニアを育てよう」が合言葉だった。最近の学生は地方の工場に行きたがらない。大学を出ても一流のエンジニアになるにはパソコンでシミュレーションするだけでなく、現場で学ぶことが重要。土木工学専攻の学生なら、ダムの建設現場に行かないと。

 大学OBである朱鎔基・前首相だって、電気技師として地方工場で実績を積んだ。私の教え子でも、現在重要な地位を占めているのはこうした経歴を持った人が多い。

企業での実習が重要

  大学工学部に共通する課題は。

「時事深層」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

組織を正しい方向に導き、 作り変えていける人が、優れたリーダーです。

ジェニー・ダロック 米ピーター・F・ドラッカー伊藤雅俊経営大学院学長