• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

【技術フロンティア】食後の片づけもお任せ

家事支援ロボット~東京大学IRT研究機構

  • 中島 募

バックナンバー

2009年2月13日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

少子高齢化社会の到来を見据え、家事を手伝うロボットの開発が進む。
東京大学IRT研究機構は、食後の食器洗いを支援する試作機を開発。
掃除では、作業の失敗を認識して、自力でやり直すロボットも登場した。

 「料理を作るのは楽しいけれど、食器の片づけは面倒くさい…」

 そんな理由で料理から遠ざかっている人は少なくないだろう。一人暮らしの人や共働きの夫婦ならなおさらのこと。そんな後片づけの一部を肩代わりしてくれるロボットが登場した。東京大学IRT研究機構が2008年12月に発表した「キッチンロボット」である。人間の腕に相当する「アーム」や、手のひらや指に相当する「ハンド」などで構成される「マニピュレーター」と呼ばれるタイプのロボットで、(1)トレーの上にある食器をつかんで運び、(2)洗い桶の水ですすいで、(3)食器洗い乾燥機の棚に置き、(4)食洗機のドアを閉めて電源を入れるという、4つの動作をこなす。

形状に合わせてつかみ方を変える

「手探り」で食器をつかむ

 技術的には、こうした動作をロボットにやらせるのは難しい。ロボットは「事前に形状や重さが分かっている物」が「決められた場所」に置いてある状態なら、設定された手順通りに作業をさせやすい。しかし、食器はいろんな形や重さの物があるうえに、その時々で食器が置いてある場所も異なる。しかも陶器やガラスなど割れ物が多いので、微妙な力加減も必要とする。IRT研究機構長を務める下山勲教授は「家庭用ロボットの研究で、食器のように壊れやすく形も様々な物をつかませるのは“鬼門”とされてきた」と説明する。

コメント3

「時事深層」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トップ自らが矢面に立つことで、問題は次第に収束していきました。

佐々木 眞一 日本科学技術連盟理事長、トヨタ自動車顧問・技監