• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「年収5000万円じゃやってられない」
~ウォール街の懲りない面々

「俺たちが高給だから、街が潤うのに」

  • 加藤 靖子

バックナンバー

2009年2月16日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

「そんな端金(はしたがね)で働けるわけがないだろう」


 年間報酬50万ドル(約5000万円)――。バラク・オバマ大統領が金融機関の巨額報酬を批判し、幹部にこうした上限を設ける意向を発表した。

 その翌日の2月5日夜、ウォール街の男たちは憤懣やるかたない様子だった。午後7時過ぎ、金融街のバーは高級スーツを身にまとった白人男性で埋め尽くされていた。男はたばこを吸うために、店のドアを開けた。零下10度の冷気が高層ビルの間を吹き抜ける。

「要するにさ、そんな金額では、ここで働く意味がないってことだよ」

 そう吐き捨てると、吸い殻を靴底でもみ消し、店内の喧噪の中に消えていった。

「安すぎる」「バカげた給与だ」

 ウォール街の男たちは口々にそう叫んだ。オレンジ色のセーターを着た恰幅のいい金融マンは、皮肉な笑みを浮かべた。

「いいかい。俺たちは零細企業のヒラ社員じゃないんだ」


 常人には理解しがたいが、彼らにとって年収50万ドルは「しがないサラリーマン」の給与水準らしい。それもそのはずだ。2007年、米投資銀行のCEO(最高経営責任者)はケタが2つ大きい年収を受け取っていた。ロイター通信によるとその額はゴールドマン・サックス6850万ドル、リーマン・ブラザーズ2200万ドル…。こうした巨額報酬に引っ張り上げられるかのように、末端の社員まで高給を手にしてきた。全社員平均でゴールドマン60万ドル台、破綻したリーマンでも30万ドル台という破格の給与水準となっていたのだ。

税金で高級リゾートへ

 これまで、米国民からも「どうやってそんな高給を使うんだ」と批判を浴びることはあった。しかし、民間企業が利益を社員に分配している以上、「やっかみ」の域を出ることはなかった。

 ところが、経営が行き詰まり、公金を投入してもらったとなると、話は変わってくる。すでに政府救済金として大手金融機関に3500億ドルが注入されている。

 しかし、金融機関のカネの使い方は、一向に変わる様子がない。

コメント43件コメント/レビュー

荒廃した米国の金融マン達の不相応な報酬に鑑みて、浮かんだ邪念を一言。金は必要以上にあれば悪となり、堕落の元になる。本来は物々交換に代わる手段のはずが、それ自体が取引の対象となった時点で、経済が一般庶民感覚から遠のいた。物の価値と金の価値が異なる次元の間で入り乱れ、投資ならぬ投機が大手を振るうに至っては経済界は既に「虚」の世界である。次第に実態経済とは遊離した社会諸現象の中で人々が翻弄される。顕著な現象としては、手段が目的化するなど、往々にして人間生活が本末転倒な価値判断で営まれるが故に、理不尽な心身の疲弊が進行する。並行して、過当競争社会が必然的に貪欲・モラルハザード・偽装・謀略を蔓延させ、後追いで法の細分化が進むが、限りなき混乱は陰に陽に潜在化して止まない。以上が、愚生の観た金融経済社会の顛末である。全く経済にド素人の戯言に過ぎなかろうが、この度の金融危機は、成るべくして成った背信的社会現象であり、小手先の金融政策で真の健全社会が蘇生する訳がないと思う。この際は体制の革命的な見直しをしない限り犯罪者に不当な猶予を与えるに等しい。自業自得の金融業界の破綻に対する公的資金の投入は、あくまでも投機家を除く顧客の救済を旨とし、経営者や従業員の理不尽な保護であってはならない。極論ではあるが、今後は、金融の投機性を排除した国家管理をすことが、虚構の景気に惑わされない持続性のある健全社会を構築する必須条件だと思う。かくして有害無益とまでは言わないが、多害少益な競争原理主義の蔓延る余地を根絶できようか?。余命幾ばくも無いこの狭い地球の上で、無駄な労苦を重ねて自滅する愚を犯しては、霊長類(サル目)ヒト科の恥である。(HN)(2009/02/24)

「ニュースを斬る」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

荒廃した米国の金融マン達の不相応な報酬に鑑みて、浮かんだ邪念を一言。金は必要以上にあれば悪となり、堕落の元になる。本来は物々交換に代わる手段のはずが、それ自体が取引の対象となった時点で、経済が一般庶民感覚から遠のいた。物の価値と金の価値が異なる次元の間で入り乱れ、投資ならぬ投機が大手を振るうに至っては経済界は既に「虚」の世界である。次第に実態経済とは遊離した社会諸現象の中で人々が翻弄される。顕著な現象としては、手段が目的化するなど、往々にして人間生活が本末転倒な価値判断で営まれるが故に、理不尽な心身の疲弊が進行する。並行して、過当競争社会が必然的に貪欲・モラルハザード・偽装・謀略を蔓延させ、後追いで法の細分化が進むが、限りなき混乱は陰に陽に潜在化して止まない。以上が、愚生の観た金融経済社会の顛末である。全く経済にド素人の戯言に過ぎなかろうが、この度の金融危機は、成るべくして成った背信的社会現象であり、小手先の金融政策で真の健全社会が蘇生する訳がないと思う。この際は体制の革命的な見直しをしない限り犯罪者に不当な猶予を与えるに等しい。自業自得の金融業界の破綻に対する公的資金の投入は、あくまでも投機家を除く顧客の救済を旨とし、経営者や従業員の理不尽な保護であってはならない。極論ではあるが、今後は、金融の投機性を排除した国家管理をすことが、虚構の景気に惑わされない持続性のある健全社会を構築する必須条件だと思う。かくして有害無益とまでは言わないが、多害少益な競争原理主義の蔓延る余地を根絶できようか?。余命幾ばくも無いこの狭い地球の上で、無駄な労苦を重ねて自滅する愚を犯しては、霊長類(サル目)ヒト科の恥である。(HN)(2009/02/24)

お金は欲しい。でも、一番かといわれると解らない。物も欲しいけど、買ってしまうとそれはそれで、どうかと思うときもある。すきで集めた漫画(古本)ですら、2度読み直したほんが、ほとんどない。寝る時間がながするのか、すぐ時間が立つ。贅沢は慣れるのが早い。最近は自動販売機でジュースを買うことに抵抗がなくなった。小さいものを買わないから、意味もなく高いものを買ってしまうのか。自分でもわからない。お金に本当に困った時期がなくなり、仕事も意味を見出しにくく、最近彷徨っています。最近、本当にお金持ちになりたいのかも疑問に感じます。いったい、何が手に入れば満足するのでしょうか。新しいことを求めるのは、もしかしたら、そこに気づかない新しい何かがあるかもしれないと求めているだけかもしれません。金、恋人、口で言っている割には・・・。なんか最近、自分でも驚くほど臆病になりました。昔はもっと簡単にものごとを決めていたような。とういか、何も考えていなかた。まあ、今もですけど。どうでもいいような、必死になりたいような。自分でもつかみどころがない。何がしたいんだろう。(2009/02/23)

強欲と言うより、金が集まるから適当な理由を付けて、山賊のごとく親分子分たちで山分けしただけでしょう。なぜ金が集まるのかは、単なる投資だけではなく、アメリカに対する期待です。ビジネスモデルに関しては、もう1つ!「ノーベル賞受賞という権威、お墨付きのブランド」も強くアピールして投資家から金を騙し取る、と言う面も忘れてはいけない。もちろん専門家ではないがそれに値する業績なの?金をばらまいて得た賞(show)にも見えるんだけど・・・ま、下衆の勘ぐりですが。今回の一件で、ウォール街は大きくその期待を裏切ったのが露呈された。(2009/02/21)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

組織を正しい方向に導き、 作り変えていける人が、優れたリーダーです。

ジェニー・ダロック 米ピーター・F・ドラッカー伊藤雅俊経営大学院学長