• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

禁断のマネー増発、挑む価値あり

GDPマイナス12%はこれで克服する

  • 竹中 正治

バックナンバー

2009年2月18日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 2008年10~12月期の日本の実質GDP(国内総生産)はマイナス12.7%(前期比年率)に落ち込んだ。日本は、世界の主要国と同様、金融緩和と財政支出による景気刺激策に取り組み始めている。しかし、金融、財政政策ともに日本ではその効果について楽観的な声は聞こえてこない。

 それはそうだろう。量的金融緩和によるマネー市場のゼロ金利状態は2006年にようやく解除されたが、金利は0.5%に上がっただけだ。それを再びゼロ金利近傍に戻しても景気が救われるとは誰も思っていない。財政支出の拡大で景気対策をするしかないが、既に1990年代の度重なる景気対策の結果、GDP(国内総生産)比率で見て日本の政府長期債務残高は先進諸国中最大だ。そこにまた輪をかけて政府債務を積み上げるのかと思うと気が重い。

 そこで登場してきたのが「政府券(政府紙幣)」発行による財政政策だ。日銀券と異なる政府券は政府が直接に発行する紙幣であり、償還期日も利息の支払いもない。

皆がマネーを蓄え、消費を減らせば不況になる

 元財務官僚で現在東洋大学教授の高橋洋一氏は「現下のGDP需給ギャップに相当すると考えられる25兆円の政府券を1枚発行し、これを日銀で日銀券と交換させる。それで得た日銀券25兆円を政府が国民に給付すれば、デフレ期待は解消し、同時に有効需要を増加させることができる」と説く。

 償還期日のない永久国債をゼロクーポンで発行して景気対策に使うのも、政府券の発行と原理的に同じである。既に政府紙幣と無利子国債の発行を検討する議員連盟の設立準備会が開かれたという。

 しかし「資産の裏づけもない政府紙幣を増発すれば、インフレになるだけで経済は実質的に拡大しない」「円という通貨の信認が崩壊する」など、政府、日銀、財政学者、金融学者の意見はほとんど皆、否定的である。さて読者諸兄はどう思うか。この問題を考えてみよう。

 そもそも不況とはなぜ起こるのだろうか。

 ポール・クルーグマン氏は著書『Peddling Prosperity: Economic Sense and Nonsense in the Age of Diminished Expectations』(1995年刊、邦題は『経済政策を売り歩く人々──エコノミストのセンスとナンセンス』、日本経済新聞社刊)の中で、スウィニー夫妻による“ベビーシッター協同組合の危機”という論考を紹介して、すべての不況に共通する本質と、それに対する金融・財政政策の有効性を軽妙に語っている。ご存じの方もいるだろうが、まずそれを紹介しよう。

「ベビーシッター協同組合の危機」が意味すること

 夫婦共稼ぎ世帯が多く、アフターファイブの社交生活がカップルでの参加を前提にできている米国では、幼い子供を抱える若い夫婦にとって外出にベビーシッター・サービスは欠かせない。こうしたニーズを持つワシントン地区の夫婦たちがベビーシッター・サービスを相互に提供し合う「ベビーシッター協同組合」を作った。

 協同組合はベビーシッター・サービスを受けることができるクーポン券を一定枚数発行し、会員に配る。会員は他の会員にサービスを提供するとクーポン券を受け取り、自分がサービスを利用する時はクーポン券を払う。

 ところがしばらくすると組合は問題に直面した。流通するクーポン券が不足するようになったのだ。その原因はクルーグマン氏の著書では明示的には書かれていないが、例えば会員が多くなれば不足が起こるだろう。その結果、クーポン券の蓄えを増やそうと外出を控え、サービスを提供しようとする会員が増えた。

 しかし、皆がそのように行動したのでクーポン券を払う人(=サービスを利用する人)はますます減り、意図に反して外出を控えざるを得ない会員がますます増えてしまった。

コメント60件コメント/レビュー

下記の二つのコメントに大賛成です。本質的な経済立て直しを本質的な住みやすい経済と環境改善つくりの国家的・総国民的なプロジェクトとして勧めていくことが今必要です。表面的な現象論や其の分析に翻弄し、それを吹きまわすマスコミこそ非国家的、非国民的言動にしか見えない。アメリカにはいろいろな課題・問題が生まれる。しかし、それを本質的に変えようとするリーダーシップ、報道、そしてそれについて行こうとする生きたダイナミズムを持っている国民が世界で一つしかない合衆国のことなのだろうと思える。筆者が自ら述べているように、マネー増発は間違いなく「禁じ手」である。そもそも人口が減少トレンド入りしている日本においては、何もしなければ内需は自然に減っていく。そこに「禁じ手」であるマネー増発を投入しても、内需が不自然に誘発されるだけで、そうした特需はすぐに消滅する。求められるのは、大きなパラダイム変換を見据えた、内需が自然に増える政策に他ならない。今訪れているのは百年に一度の危機ではなく、百年に一度の大チャンスであるとの認識に立って、需要を生み出すことが出来る分野を探すべきである。中核となるのは「E(エネルギー)&E(環境)」に関する分野。新しいエネルギーや、快適な環境を生み出すための技術に対する減税や投資促進税制の導入を行うとともに、新しい時代の移動・通信インフラの整備、それにともなうオフィス・住宅の再開発など、考えればいくらでもアイディアが出てくるに違いない。21世紀版日本列島改造論である。ただしお断りしておくが、これは道路だダムだの改造論ではない。あくまでも21世紀を生きていくためのインフラ構築が必要だということだ。2009年2月18日どんな策を弄してもマスコミが政府支出は悪であると宣伝し続ける限り、景気回復は望めないでしょう。政府紙幣発行なんて彼らの浅慮で袋だたきにあうだけです。スポンサー離れが深刻化しているのに、視聴率のためにセンセーショナルな報道をして自らの首を絞めている悪循環が収まる様子はないですね。(2009/02/28)

「ニュースを斬る」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

下記の二つのコメントに大賛成です。本質的な経済立て直しを本質的な住みやすい経済と環境改善つくりの国家的・総国民的なプロジェクトとして勧めていくことが今必要です。表面的な現象論や其の分析に翻弄し、それを吹きまわすマスコミこそ非国家的、非国民的言動にしか見えない。アメリカにはいろいろな課題・問題が生まれる。しかし、それを本質的に変えようとするリーダーシップ、報道、そしてそれについて行こうとする生きたダイナミズムを持っている国民が世界で一つしかない合衆国のことなのだろうと思える。筆者が自ら述べているように、マネー増発は間違いなく「禁じ手」である。そもそも人口が減少トレンド入りしている日本においては、何もしなければ内需は自然に減っていく。そこに「禁じ手」であるマネー増発を投入しても、内需が不自然に誘発されるだけで、そうした特需はすぐに消滅する。求められるのは、大きなパラダイム変換を見据えた、内需が自然に増える政策に他ならない。今訪れているのは百年に一度の危機ではなく、百年に一度の大チャンスであるとの認識に立って、需要を生み出すことが出来る分野を探すべきである。中核となるのは「E(エネルギー)&E(環境)」に関する分野。新しいエネルギーや、快適な環境を生み出すための技術に対する減税や投資促進税制の導入を行うとともに、新しい時代の移動・通信インフラの整備、それにともなうオフィス・住宅の再開発など、考えればいくらでもアイディアが出てくるに違いない。21世紀版日本列島改造論である。ただしお断りしておくが、これは道路だダムだの改造論ではない。あくまでも21世紀を生きていくためのインフラ構築が必要だということだ。2009年2月18日どんな策を弄してもマスコミが政府支出は悪であると宣伝し続ける限り、景気回復は望めないでしょう。政府紙幣発行なんて彼らの浅慮で袋だたきにあうだけです。スポンサー離れが深刻化しているのに、視聴率のためにセンセーショナルな報道をして自らの首を絞めている悪循環が収まる様子はないですね。(2009/02/28)

一瞬で多額の資金が世界中を駆け巡る現在のグローバル化されて経済状況の中で,たかだか一国の金融政策で不況を乗り切ろうとする発想が陳腐だ。景気の回復は「将来不安を少なくする政策を実施すること」に尽きる。それには,とにもかくにも政局が安定することが不可欠で,混迷を極める現政局の中での不用意な紙幣発行など論外だ。(2009/02/22)

賛成です。円高解消、内需拡大、国内生産刺激(特に農業)に役立つ円の増刷は、中国では同様な元の増刷を世界の批判を受けながら着実に実施しているにもかかわらず、日本でこれまでなぜ論議すらされなかったかの方が不思議でした。日本の経済学者の怠慢と思っておりました。(2009/02/22)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「タイム・トゥ・マーケット」で売らないともうからない。

栗山 年弘 アルプス電気社長