• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

第8話 老後の生活資金も息子のために

  • 出井 康博

バックナンバー

2009年2月20日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 中川昭一財務・金融相の辞任は、支持率低迷が続く麻生太郎内閣にさらなる打撃となった。しかし、民主党も安心してはいられない。

 前回の記事で紹介したように、民主党新人候補・Bは、衆院選が目論見から外れて延び延びになっていることで、選挙資金は枯渇寸前になっている。

 公認を得た昨年10月に党本部から支給された500万円、年末に配られた追加支援の100万円とも、すでに使い切ってしまった。立候補を決めた1年半前、父親から借りた3000万円も残り少ない。

 「この4月末までに選挙があれば、手持ちの資金で何とかなりそうです。しかし、(衆院の任期が切れる)9月まで選挙が延びた場合、最低でもあと2000万円が必要になるでしょう」と言う。

 Bは昨年夏、来るべき選挙を見越し、事務所を広い場所に移すなど活動を拡大した。資金が苦しくなったからといって、今さら戦線を縮小するわけにもいかない。

もう1度、父親に頭を下げるしかない

 新人候補ゆえに、大金を工面できるような後援組織はない。Bの窮状を察し、資金の丸抱えを申し出る“支援者”もいるが、危ない誘いには乗れない。「結局は、もう1度、父親に頭を下げて借りることになると思います」。

 Bは地元から出馬するとはいえ、そこは戦後一貫して与党の牙城という難攻不落の地だ。民主党候補が大差で負け続けている選挙区なのだ。そんな場所で、野党、そして新人候補が立ち向かうのはリスクが高い。

 大手金融機関を辞めて、政治の道に進んだ決意は立派と言われるだろうが、落選すれば、ただの人。なけなしの蓄えは選挙資金で消えてしまっている。

 こうした状況をBの家族は、どう見ているのだろうか。気節外れの陽気となった2月14日、息子のために3000万円を提供したBの父親と会うことができた。

パーティ会場の片隅で檀上の息子を見つめる父親

パーティ会場の片隅で檀上の息子を見つめる父親

(手前、写真:筆者)

 その日、Bは地元のホールに支持者を集め、立食形式のパーティーを催していた。週末にもかかわらず参加者は200人をゆうに超え、会場は熱気で溢れた。参加者を気遣ってか、立食とはいえ食事はかなり豪勢だ。3000円という会費では、ほとんど利益が出なくて当然だろう。

 「これだけ応援してくださる方がいるのですから、大勢から少額の寄付を募ってもいいと思いますが、実際には、なかなか難しいようですね」

 会場の片隅で遠慮がちに佇みながら、Bの父親がポツンと呟いた。

老後のためにと、夫婦で40年間コツコツ貯めてきた

 父親は団塊の世代だ。理系の大学院を卒業後、大手メーカーに入社。それから同じ会社で40年近く、研究者として最前線を歩んできた。現在は役員を務める。七三に整えた髪形は、いかにも実直そうだが、同時にカジュアルな普段着のジャケットからセンスの良さも伝わってくる。

 「私自身やりたい仕事をやって生きてきましたから、息子に何かしてもらいたいということはありません。彼が“国を良くするためにがんばりたい”と言えば、親としては応援するだけです。仕方ない、よな?」

 そう言って、Bの母親と顔を見合わせた。

コメント11

「衆院選「候補者A」かく闘わんとす」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

意外なことに、伝統的な観光地が 訪日客の誘致に失敗するケースも 少なからず存在する。

高坂 晶子 日本総合研究所調査部主任研究員