• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

オバマの流儀と「ミシェル服」の親密な関係

  • 横江 公美

バックナンバー

2009年2月19日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

「Vogue」誌で取り上げられたミシェル夫人

「Vogue」誌で取り上げられたミシェル夫人

 米国のファーストレディ、ミシェル・オバマ氏が世界的に有名なファッション誌である「Vogue」3月号の表紙を飾った。米ファッション業界では、ミシェル夫人を、ジョン・F・ケネディ元大統領の夫人であるジャクリーン・ケネディ氏の再来と色めいている。

 ミシェル夫人が身につけた服のデザイナーは、その知名度が瞬く間に上がり、商品は一瞬にして売り切れる。それだけでない。スチール(盗作)と呼ばれる“似たような”デザインも、本物と同じようにSOLD OUTになってしまう

ヒラリー・クリントン国務長官とは違う

 米国では、ミシェル夫人は夫のバラク・オバマ大統領と民主党の大統領候補者選びで、最後の最後まで争ったヒラリー・クリントン国務長官と何かと比較されることが多い。

 その1つは、ミシェル夫人がクリントン国務長官と同じくアイビーリーグ卒業、弁護士という経歴を持っていることに加え、大統領である夫に多大な影響力を持っていると見られているからだ。ヒラリー氏も、第1次ビル・クリントン政権時代には、夫への影響力が大きいファーストレディと言われていた。

 実は、ファーストレディとして、Vogueの表紙を初めて飾ったのは、クリントン国務長官である。ヒラリー氏が表紙を飾ったのは、ファッションアイコンとして魅力的というよりは、その独特な存在感がもたらしたと言えるだろう。

 ヒラリー氏のファッションセンスのユニークさは、上院の議会内でも常に話題に上るほどだ。2月16日、ヒラリー氏は国務長官として初めて日本にやってきた。青いスカーフに黒のロング・コートは金髪と青い目に良く似合っている。誰にでも似合いそうな定番スタイルだが、足元まで目にすると、どことなくバランスが悪い。

 一方、ミシェル夫人のファッションセンスの良さは、上述したように、着た服装がすぐに売り切れになることが証明している。ジェイソン・ウーは、キャリアが浅いNYの新進ブランドだが、今やミシェル夫人のおかげで、NYを代表するようなブランドになっている。

 またミシェル夫人が大統領選中、シカゴ出身の使命感からか好んできていたローカルデザイナーのマリア・ピントも、今やミシェル夫人の“支援”を必要としない存在になっている。

オバマ大統領の改革を体現

 ファーストレディであるミシェル夫人のファッションが注目されるのは、こうしたセンスの良さだけではない。彼女のファッションは、夫が米国をどのように"CHANGE"していくかを、ある意味で体現するからだ。

 就任演説や大統領選の勝利演説で夫は「白人も黒人もヒスパニックもアジアもゲイもレズビアンもなく1つのアメリカ」を強調した。ミシェル夫人はそれをファッションで示している。

コメント2

「O列車で行こう」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

定年後の社会との断絶はシニアの心身の健康を急速に衰えさせる要因となっている。

檜山 敦 東京大学先端科学技術研究センター 講師