• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

【株価が語る】ローソン 「不況に強い」の評価は続くか

  • 鈴木 裕美

バックナンバー

2009年2月23日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 株式相場の低迷が続く中で、コンビニエンスストア大手のローソン株価が比較的、値を保っている。

 今年こそ4000円台で低迷しているが、一昨年末から2月16日までの騰落率を見ると6.6%と高い水準を維持。日経平均株価が同じ期間でほぼ半値に沈んだのに比べると底堅い水準だ。

低価格業態が好調

ローソンと日経平均の株価推移

 ローソンだけではなく、コンビニ大手の株価は概して市場から高評価を得ている。下の表は日経株価指数300の採用銘柄の一昨年末から2月16日までの騰落率をランキングしたものだ。ローソンは8位、ファミリーマートは下落率が2.9%にとどまり17位につけている。300社中285社が株価を下げている中で、2社の健闘は目立つ。

 背景の1つには、“タスポ効果”で業績を大きく伸ばしたことがある。顔写真付き成人識別カード「taspo(タスポ)」がなければ自動販売機でたばこが買えなくなり、作成を面倒がる愛煙家がコンビニへと流れた。ローソンの2009年2月期の売上高は3520億円と前期比16.9%増える見通し。純利益は同8.1%増の239億円と過去最高益を更新する。

 日本フランチャイズチェーン協会の調査によれば、コンビニ11社で既存店売上高はタスポの導入が拡大してきた昨年5月を境に前年同期に比べ増加に転じた。2000年以降、ほとんど前年割れが続いていたのに比べ、目覚ましい成長と言える。特に、昨年7月には猛暑で飲料の売り上げが伸びたことも貢献し、前年同期比11.7%増となった。2ケタの伸びは、調査を始めた1998年12月以来、初めてだ。

 景気悪化もかえって好影響を及ぼした。「消費者が外食を控えるようになり、以前にも増して中・内食需要が高まった」(ゴールドマン・サックス証券の河野祥アナリスト)ため、コンビニが再び見直されているからだ。

コメント0

「時事深層」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トランプ政権のここまでの動きはスロー。

ジョセフ・ナイ 米ハーバード大学特別功労教授