• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

第9話 妻は一時、うつ状態にも

  • 出井 康博

バックナンバー

2009年2月27日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「すみません、来る途中、この子が水たまりにハマっちゃって」

 もうすぐ2歳になる下の子を胸の前に抱え、民主党新人候補・Bの妻が、10分ほど遅れて待ち合わせ場所の事務所に現れた。今回も前回に続き、次の総選挙に立候補を予定しているBの話を紹介する。

 筆者に頭を下げた後、Bの妻は事務所の椅子にどっかと腰を下ろした。そして、子供の泥にまみれた靴を脱がしていると、隣で今年、小学生になる上の子がちょっかいを出し始めた。それを叱り、下の子の世話を続ける。

 妻には化粧っ気もあまりない。髪を振り乱し、ジーパン姿で2人の子供の相手をする姿は、どこにでもいそうな若い主婦である。

 「政治家を目指すような人はお金持ちで、奥さんも“セレブ”みたいに思われるかもしれません。でも、うちに限っては全然違うんですよ」

身重の体になるたびに生活は激変

 1人目の子供は、ちょうどBが勤めていた金融機関を辞めた頃に誕生した。2人目が生まれたのは、民主党の公認が内定した直後である。身重の体になるたびに生活が激変し、出産や育児に追われることになった妻の苦労は計り知れない。

下の子を抱くBの妻

下の子を抱くBの妻 (写真:著者)

 前回、3000万円の活動資金をBに提供した父親の思いについて書いた。息子がサラリーマンを辞め、政治家を志すと聞いた時、父親は、
「守るものは家族だけだ。家庭だけはしっかりしろよ」
と、ひとことだけ忠告した。しかし、家族を守りながら、志を貫くのは簡単なことではない。

 夫のBが政治の道に進んで以降、先の見えない生活が続く。

 党の公認を得て、念願だった地元から立候補が決まったことは、妻にとっても大きな喜びだった。しかし、それ以来、夫は家には寝に帰るだけの毎日だ。しかも最近になって、家族の収入すら途絶えた。

 妻は、どこから見ても“明るくて元気なお母さん”だ。そんな彼女も、一時、うつ状態に陥ったことがある。たった1人で子育てをしながら、将来への不安に押し潰されそうになったからだ。

 「もちろん、夫には当選してもらいたいです。でも、たとえ落選するにせよ、とにかく早く選挙になってほしい。それが正直な気持ちです。選挙があると言っては延びることが続くばかりで、もう疲れました…」

ピザ屋のアルバイトで知り合う

 妻もBと同様、身内に政治家はいない。父親は地方公務員、母親はパート勤めという家庭で育った。専門学校を出た後、雑貨類を扱う会社に入社。しかし、方針が合わずに辞め、地元のピザ屋でアルバイトをしていた時、Bと出会った。当時、Bは大学生で、同じくアルバイトに来ていた。

 結婚は、Bが金融機関に就職して数年後のこと。やがて1人目の子供もでき、平凡な結婚生活が続いていくはずだった。

 そんな時、Bが突然、政治家を目指すと言い出したことで、妻の人生も一変する。サラリーマンを辞めると言う夫を、無条件に応援したわけでもない。

 「私と結婚したことで、彼の夢を潰したくない」
 それが夫を許した理由だった。

コメント5件コメント/レビュー

候補者Bが志を貫いて政治家の道を進む姿は尊く応援したくなる。しかし、候補者Bは細かい部分への配慮が足りないと思う。前回に書いてあったと思うが、選挙資金を借りて金銭的に苦しい割には事務所経費に無駄な部分が目立ったり、今回も奥様がうつ病になるほどに苦しんでいる割には気遣いが足りないように思う。政治家は大局を考えることが第一義ではあるが、民の生活や意思といった部分も同時に見据えなければならない存在だ。細かい部分への配慮に欠ける政治家が多いがために、大臣クラスの失言が相次ぎ、酔っぱらい会見まで飛び出し、1件当たり雀の涙ほどの札束をばらまくかどうかに貴重な国会討議の時間を費やし・・・といった惨憺たる状況に陥るのだ。候補者Bよ、おそらくあなたは上記の先輩政治家たちを笑えないのではないか・・・もし、運よく国会議員になれたとしても。(2009/03/01)

「衆院選「候補者A」かく闘わんとす」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

候補者Bが志を貫いて政治家の道を進む姿は尊く応援したくなる。しかし、候補者Bは細かい部分への配慮が足りないと思う。前回に書いてあったと思うが、選挙資金を借りて金銭的に苦しい割には事務所経費に無駄な部分が目立ったり、今回も奥様がうつ病になるほどに苦しんでいる割には気遣いが足りないように思う。政治家は大局を考えることが第一義ではあるが、民の生活や意思といった部分も同時に見据えなければならない存在だ。細かい部分への配慮に欠ける政治家が多いがために、大臣クラスの失言が相次ぎ、酔っぱらい会見まで飛び出し、1件当たり雀の涙ほどの札束をばらまくかどうかに貴重な国会討議の時間を費やし・・・といった惨憺たる状況に陥るのだ。候補者Bよ、おそらくあなたは上記の先輩政治家たちを笑えないのではないか・・・もし、運よく国会議員になれたとしても。(2009/03/01)

結婚したがために夫が夢を失うことはよくない、と決断したものの、実際には基本的な生存ぎりぎりの生活(自分の夢どころではない)に陥っている。この二者択一の不公平さはいったいどこに原因があるのでしょう。家族ぐるみでなければ選挙が不可能というシステムにも問題があるのかもしれませんが、政治に限らず妻の夢に夫が付き合うという例は今の日本でも未だ少ないことを思うと、その不公平さは問題を孕んでいるのでは。パートに出ると「選挙を手伝わない」と陰口を言われるという日本的な価値観。男女の平等云々以前の、家族間の不平等を感じます。とりわけ、子どもへの悪影響が心配になります。(2009/02/28)

素晴しい奥さんです。何かをやりとげようとする人には、それを理解してくれる立派な伴侶がいますね。お金ではなく、人間的な魅力があるのでしょう。いいな。(2009/02/27)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

面白い取り組みをしている会社と評判になれば、入社希望者が増える。その結果、技能伝承もできるはずだ。

山崎 悦次 山崎金属工業社長