• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

第9話 妻は一時、うつ状態にも

  • 出井 康博

バックナンバー

2009年2月27日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「すみません、来る途中、この子が水たまりにハマっちゃって」

 もうすぐ2歳になる下の子を胸の前に抱え、民主党新人候補・Bの妻が、10分ほど遅れて待ち合わせ場所の事務所に現れた。今回も前回に続き、次の総選挙に立候補を予定しているBの話を紹介する。

 筆者に頭を下げた後、Bの妻は事務所の椅子にどっかと腰を下ろした。そして、子供の泥にまみれた靴を脱がしていると、隣で今年、小学生になる上の子がちょっかいを出し始めた。それを叱り、下の子の世話を続ける。

 妻には化粧っ気もあまりない。髪を振り乱し、ジーパン姿で2人の子供の相手をする姿は、どこにでもいそうな若い主婦である。

 「政治家を目指すような人はお金持ちで、奥さんも“セレブ”みたいに思われるかもしれません。でも、うちに限っては全然違うんですよ」

身重の体になるたびに生活は激変

 1人目の子供は、ちょうどBが勤めていた金融機関を辞めた頃に誕生した。2人目が生まれたのは、民主党の公認が内定した直後である。身重の体になるたびに生活が激変し、出産や育児に追われることになった妻の苦労は計り知れない。

下の子を抱くBの妻

下の子を抱くBの妻 (写真:著者)

 前回、3000万円の活動資金をBに提供した父親の思いについて書いた。息子がサラリーマンを辞め、政治家を志すと聞いた時、父親は、
「守るものは家族だけだ。家庭だけはしっかりしろよ」
と、ひとことだけ忠告した。しかし、家族を守りながら、志を貫くのは簡単なことではない。

 夫のBが政治の道に進んで以降、先の見えない生活が続く。

 党の公認を得て、念願だった地元から立候補が決まったことは、妻にとっても大きな喜びだった。しかし、それ以来、夫は家には寝に帰るだけの毎日だ。しかも最近になって、家族の収入すら途絶えた。

 妻は、どこから見ても“明るくて元気なお母さん”だ。そんな彼女も、一時、うつ状態に陥ったことがある。たった1人で子育てをしながら、将来への不安に押し潰されそうになったからだ。

 「もちろん、夫には当選してもらいたいです。でも、たとえ落選するにせよ、とにかく早く選挙になってほしい。それが正直な気持ちです。選挙があると言っては延びることが続くばかりで、もう疲れました…」

ピザ屋のアルバイトで知り合う

 妻もBと同様、身内に政治家はいない。父親は地方公務員、母親はパート勤めという家庭で育った。専門学校を出た後、雑貨類を扱う会社に入社。しかし、方針が合わずに辞め、地元のピザ屋でアルバイトをしていた時、Bと出会った。当時、Bは大学生で、同じくアルバイトに来ていた。

 結婚は、Bが金融機関に就職して数年後のこと。やがて1人目の子供もでき、平凡な結婚生活が続いていくはずだった。

 そんな時、Bが突然、政治家を目指すと言い出したことで、妻の人生も一変する。サラリーマンを辞めると言う夫を、無条件に応援したわけでもない。

 「私と結婚したことで、彼の夢を潰したくない」
 それが夫を許した理由だった。

コメント5

「衆院選「候補者A」かく闘わんとす」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

意外なことに、伝統的な観光地が 訪日客の誘致に失敗するケースも 少なからず存在する。

高坂 晶子 日本総合研究所調査部主任研究員