• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

好調「インサイト」の悩み

中高年に人気も、ファミリー層にハードル

2009年3月2日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「昨年秋以降、クルマ販売が低迷していたのがウソのようだ。新型『インサイト』は、当社が扱う新車として過去最高の売れ行きになっている。『フィット』を上回る勢いだ」。神奈川県内に20店舗を展開するディーラー、ホンダカーズ中央神奈川の相澤賢二会長はこう顔をほころばす。

 ホンダが2月6日に発売したハイブリッド専用車、インサイトの出足が好調だ。発売から11日で1万台を突破。2月の国内販売では、首位になる可能性も出てきた。

写真、新型「インサイト」の生産に追われるホンダの鈴鹿製作所

新型「インサイト」の生産に追われるホンダの鈴鹿製作所

 インサイトの特長は、ガソリン1リットルで30km走行できる低燃費と189万円からという手頃な価格。一見すると、節約志向のファミリー層に受けるクルマのように思えるが、現時点までの購入者を分析すると、意外な傾向が浮かび上がる。ホンダカーズ中央神奈川が販売した109台のインサイトの購入者を見ると、60代が30%、50代が24%を占める。

中高年とレース好きが支持

 子供が独立した後の中高年夫婦に支持されているという。ミニバンなどの大型車は不要だが、軽自動車やコンパクト車よりは上位クラスのセダンに乗りたいと考える中高年をつかまえた。

 その傾向を裏づけるのが、購入理由だ。1位は「外観・スタイル」。フロントからリアまで続く直線的なラインや、精悍なフロントマスクに魅力を感じる人が多い。2位以下の理由に、「燃費」「ハイブリッド専用車」が続き、「価格」は4位だった。

 「カッコよさ」を重視する20~30代にも、一定の評価を受けている。レース仕様のクルマを好む層に、「リアウイング」などのエアロパーツが売れている。「予想の2倍の注文がある」(「無限」ブランドでインサイト専用パーツを販売するM-TEC)。車高が低く、クーペに近い空力抵抗を意識したデザインと、相性がいいようだ。

コメント5件コメント/レビュー

3ナンバーは、昔はともかく今は必ずしも税金が高いわけではありません。少々ボデーが大きくても排気量が2000ccを越えなければ税金は同じ。だから従来の5ナンバー2000cc車の幅を広くして居住性を高めた3ナンバー車が増えてきたのです。(2009/03/04)

「時事深層」のバックナンバー

一覧

「好調「インサイト」の悩み」の著者

山崎 良兵

山崎 良兵(やまざき・りょうへい)

日経ビジネス副編集長

日経ビジネス編集部、ニューヨーク支局、日本経済新聞証券部などを経て、2017年1月から日経ビジネス副編集長。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

3ナンバーは、昔はともかく今は必ずしも税金が高いわけではありません。少々ボデーが大きくても排気量が2000ccを越えなければ税金は同じ。だから従来の5ナンバー2000cc車の幅を広くして居住性を高めた3ナンバー車が増えてきたのです。(2009/03/04)

インサイトは乗っていて非常に楽しい車です。エコ運転するとインパネが緑色に光る仕掛けなど。絶対大ヒットする車だと直感しました。(2009/03/03)

「インサイト」正にホンダの洞察力(2009/03/02)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

お客様が低価格に慣れてきている。

片岡 優 ジェットスター・ジャパン社長