• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

第10話 代表の秘書逮捕、その時彼は

  • 出井 康博

バックナンバー

2009年3月6日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 3月4日午前10時、衆議院の議員会館内にある民主党代議士・Aの事務所――。

 Aは、政策秘書と学生インターンの3人で、テレビ画面に見入っていた。民主党本部で記者会見に臨む小沢一郎代表の姿が、画面に大きく映し出されている。

議員会館で民主党の小沢一郎党首の会見映像を見る現職代議士・A

議員会館で民主党の小沢一郎党首の会見映像を見る現職代議士・A (撮影:著者)

 前日、準大手ゼネコンの西松建設1820から違法献金を受けた疑いで、小沢氏の公設第1秘書が逮捕されたばかりだ。それから一夜明け、小沢氏がメディアの前に現れていた。

「総選挙が取りざたされているこの時期に、このような異例の捜査が行われたことに、非常に政治的にも法律的にも不公正な国家権力、検察権力の行使だという感じを持っている」

 小沢氏は捜査の不当性を強調しつつ、自らの責任はないとの認識を示した。Aら3人は、その言葉をただ黙って聞き入っている。

 30分以上にわたった会見は、10時半近くになって終わった。政策秘書がテレビを消し、学生インターンも机に戻った。事務所に静寂が戻ったところで、Aが口を開いた。

「有権者の1人として見れば、言い訳と聞こえるかもしれません」

 「小沢さんがおっしゃっていることは私にはよく分かる。決してかばうわけではありませんが、政治が大きく変わる時、既得権益からの猛烈な反発はつきものです。私自身も、何か意図があるのではないかと感じます。でも、それは私が政治の世界に長く関わってきた人間だから言えること。有権者の1人として見れば、言い訳と聞こえるかもしれません」

 衆院は9月に任期満了を迎える。総選挙のタイムリミットは刻々と迫っていた。しかし、麻生太郎政権の支持率は低迷が続き、衆院解散の時期を計りかねていた。来るべき総選挙に対し、「民主党有利」との見方が大勢を占める中、突然飛び込んできたのが小沢氏の秘書逮捕というニュースだった。自民党にとっては、思わぬ“天祐”である。

コメント17

「衆院選「候補者A」かく闘わんとす」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック