• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「ユニクロ」が駆け込み寺に

1億総節約消費に沈む百貨店

  • 飯泉 梓,田中 成省,田中 陽

バックナンバー

2009年3月10日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 2月27日、百貨店、専門店がひしめく東京・新宿に丸井の新店舗、「新宿マルイカレン」がオープンした。目と鼻の先にはファッションに強い伊勢丹新宿店がある。新規出店が減っている百貨店業界では久しぶりの“激突”劇だ。

 開業後、初めて迎えた週末、ファッションに敏感な若い女性を中心に多くのお客が詰めかけたのが2階の一画にある「ユニクロ」。100m2ほどのコンビニ並みの小さな店舗で約30種類の衣料品を販売し、一時は入場制限が行われるほどの活況ぶりだった。

 ユニクロは今、百貨店にとって駆け込み寺になりつつある。売り上げの急減に悩む百貨店からの出店依頼が相次いでいるのだ。

丸井の新店舗「新宿マルイカレン」

ユニクロを招き入れた丸井の新店舗「新宿マルイカレン」。流通の主役交代の象徴だ(写真:都築 雅人)

 「駅前にある地方百貨店は車社会に対応していない場合が多い」とユニクロを運営するファーストリテイリングの大笘直樹・上席執行役員は漏らす。一方で、丸井と同じような都市型百貨店への出店には積極的だ。ユニクロ1号店からわずか25年の同社が、歴史ある百貨店の売り場を選ぶ立場になっている。

力の差、まざまざ

 それにしてもなぜ、若者のファッションに強いと言われてきた丸井が、100m2とはいえ、ユニクロに城を明け渡さざるを得なかったのか。

 話は2年前にさかのぼる。丸井が顧客調査を実施したところ、分かったのが、品揃えと価格への不満だった。ファッション性の強い独自商品の品揃えは他店に比べれば豊富。値頃感のあるブランドも数多く立ち上げてきた。独自商品にこだわってきたという意味ではユニクロと重なり合う部分はある。

 しかし、こうした丸井流もユニクロに頼らざるを得なかった。今回のユニクロの店は全国に約750ある中でも特別な存在だ。主要顧客は20代の女性。新製品を立て続けに投入し、1カ月すればすべての商品が入れ替わるという。カラージーンズは3990円と安い。

 流行の変化の速さ、加速度的に進む低価格には、そんな丸井でも対応が難しかったのだろう。調査結果を見た丸井の猪野明常務は「ユニクロに入ってもらおうと思った」と語り、今後についても「メンズ専門のショップなども検討してもらいたい」と秋波を送る。

コメント3件コメント/レビュー

百貨店が目利きと言っても、所詮評論家バイヤーであって、独自商品を企画した所で値ごろ感でしか勝負出来ず、結果ユニクロに頼らざるを得なくなったって落ちなのでしょうね。バイイングパワーを背景に偉そうな事言う量販のバイヤーなんかも、ビジネスセンスは有るかもしれないけど、物づくりの創造性なんて殆ど無い。わたしは ああいうバイヤーの類いは虚業の一種だと思います。量の効果が無くなれば、あっと言う間にメッキも剥げる。それが時代とともに移り変わっていくだけの話。今の時代に百貨店が往事の魅力を取り戻す事などあり得ないのではないでしょうか。(2009/03/10)

「時事深層」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

百貨店が目利きと言っても、所詮評論家バイヤーであって、独自商品を企画した所で値ごろ感でしか勝負出来ず、結果ユニクロに頼らざるを得なくなったって落ちなのでしょうね。バイイングパワーを背景に偉そうな事言う量販のバイヤーなんかも、ビジネスセンスは有るかもしれないけど、物づくりの創造性なんて殆ど無い。わたしは ああいうバイヤーの類いは虚業の一種だと思います。量の効果が無くなれば、あっと言う間にメッキも剥げる。それが時代とともに移り変わっていくだけの話。今の時代に百貨店が往事の魅力を取り戻す事などあり得ないのではないでしょうか。(2009/03/10)

我家近くのイオンの食器売り場の異変に最近気が付きました。4~500円位の価格帯商品の近くに1個が9800円のコーヒーカップや1万円以上する鍋などが唐突に並べてありました。初めて見たときは値札の間違いと思いましたが後日見ても同一位置で同一値段でした。軽自動車販売店でベントレーを売ろうとしているような違和感があります。イオンは安泰と思っていましたが、今後の販売方法を暗中模索しているように感じます。(2009/03/10)

もはや百貨店というものは時代のニーズに合わなくなってきているのではないか。百貨店のもつブランド(あるいはプライド?)にこだわりすぎて消費者の本当のニーズを掴みきれていないのではないか。今回の記事にしても、ユニクロ目当ての顧客を取り込もうという姿勢、人さえ来れば何とかなると思っている勘違い。現在地方都市にいますが、平日のフロアはガラガラ、1階は凝りもせず化粧品売り場が占拠、贈答品の時計を購入しようにも種類少なくカタログで勧められる始末。平日は高齢者層が大半を占めているにも関わらず、置いてある商品のターゲットは明らかに違う。平日の百貨店の従業員は適正な人数ですか?門外漢かつ地方都市からの視点なので、異論もあると思いますが、現在のような状況に陥るのは納得してしまいます。(2009/03/10)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授