• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

イラク、成長性は中国以上

通貨値上がり期待で日本にも投資熱

  • 伊藤 暢人

バックナンバー

2009年3月17日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 今年9月末までに1万2000人の兵隊が引き揚げ、2011年までには完全撤退する──。バラク・オバマ米大統領のイラク撤退計画を受け、日本でも企業や市民の間で、経済復興への期待が浮上している。

日本からのインフラ投資に期待

 3月1日、三菱商事や石油資源開発などの日本企業12社の代表が、政府代表とともにバグダッドを訪問。石油の権益などについて、法律用語も交えた具体的な質疑が飛び交った。

 一方、イラクが日本に期待するのはインフラ投資だ。2003年以降、日本は15億ドルを無償支援しており、病院や発電施設の修理などに貢献してきた。

 丸紅は、12カ所の病院などを受注している。「当社の安全対策のノウハウは随一だろう」と、この視察団に加わった生田章一・執行役員は話す。

 テロなどによる死亡者は減っているとはいえ、月500人の水準が続く。社員の現地派遣が難しい丸紅は、イラク人スタッフを国外で訓練。現地での作業を録画し、国外から確認する手法を導入している。「今後も取引を続けるには、安全の定着と資金回収リスクの軽減が必須」と生田氏は指摘する。

イラクの経済指標推移

 国際通貨基金(IMF)は、回復軌道に乗ったイラクの実質GDP(国内総生産)成長率が、2008年は9.8%、2009年は7.7%になると推定している。GDPの規模こそ中国の47分の1程度だが、昨年の成長率は中国の9.0%よりも高かったと見られる。

 成長を見越し、各国がイラクとの取引拡大を急いでいる。米ゼネラル・エレクトリック(GE)が発電機の納入を決定し、英蘭ロイヤル・ダッチ・シェルはガス田開発への参加を決めた。中国は油田開発を進めており、韓国は発電所建設に乗り出す。

コメント1

「時事深層」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック