• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

日の丸商品を6兆円市場に

中国 ネット検索最大手「百度」がニッセンと提携

2009年3月18日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 中国インターネット検索最大手のバイドゥ(百度)と日本で通販大手のニッセンホールディングスがネット通販事業で提携した。百度のトップページ下に開設された「日本の窓」というサイトを通じて、ニッセンが扱う約1万点の衣料品や雑貨を販売する。中国におけるEC(電子商取引)の市場規模は拡大を続け、2011年には4060億元(約6兆円)に達するとの予測もある。提携の狙いを百度の陳海騰(チンカイトウ)・日本駐在首席代表とニッセンの佐村信哉社長に聞いた。

(聞き手は坂田 亮太郎)

──中国EC市場の現状は。

  2008年時点で利用者が7500万人いると推定され、2011年には2億人まで増える見込みだ。しかし、競争も厳しくなっているから、外国企業が参入するのは容易でないだろう。

 何よりもブランド力だが、外国企業の多くは中国人に名前を知られていない。私がかつて勤めていたNTT(中国語で「恩梯梯(アンディディ)」)ですら、中国で知っている人はわずかだ。

 ゼロからブランド力を高めようとすれば長い時間と膨大なカネがかかる。その点、百度と組めば道が開ける。中国のネット検索市場における百度のシェアは約7割。人数にして2億人を超える人にアクセスできる。

 佐村 ニッセンも中国法人で通販事業を始めていたが、期待するほどのスピードで成長できていなかった。今回、百度と組むことで、1日に数万人のユーザーが当社の中国語サイトに訪れることを期待している。売り上げ目標は2009年度が5億円、3年後に30億円。百度には「送客数」に応じた対価を支払う。

 ──高いシェアを生かせば百度も単独で通販事業をできそうだ。

百度の陳海騰・日本駐在首席代表(左)とニッセンの佐村信哉社長は協力を約束

百度の陳海騰・日本駐在首席代表(左)とニッセンの佐村信哉社長は協力を約束 (写真:大田 未来子)

  今回の提携は百度のアライアンス戦略の一環だ。百度は検索技術など得意な分野に社内資源を集中的に投下し、それ以外は業界のトップクラスの相手と協力していく道を選んだ。

 佐村 百度とは、クライアントとメディアの関係にとどまらない。サイトは両社のブランドで運営し、アクセス状況や顧客情報の分析も共同で実施する。ニッセンには通販のノウハウがあり、百度は中国のネット市場をよく知っている。両社で強みを出し合い、売り上げ拡大を目指す。

「時事深層」のバックナンバー

一覧

「日の丸商品を6兆円市場に」の著者

坂田 亮太郎

坂田 亮太郎(さかた・りょうたろう)

日経ビジネス副編集長

東京工業大学大学院修了後、98年日経BP入社。「日経バイオテク」「日経ビジネス」を経て2009年から中国赴任。北京支局長、上海支局長を経て2014年4月から日経ビジネスに復帰

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リクルートは企業文化そのものが競争力です。企業文化はシステムではないため、模倣困難性も著しく高い。

峰岸 真澄 リクルートホールディングス社長