• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

始動したミシェルのアメリカ

  • 横江 公美

バックナンバー

2009年3月26日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 ついに、ミシェル夫人が動き始めた。

 3月、ミシェル・オバマ夫人はホームレスに食事を提供するボランティアをホワイトハウスのスタッフと協力して行った。ホワイトハウスのスタッフは、食べ物を提供し、ミシェル夫人は、ホームレスに食事をよそうボランティアに自ら参加した。

 通常、善意で集まる食事には、缶詰のスープなど加工食品が多くなる。一方、ミシェル夫人がイニシアチブを取った食べ物には、加工食品は含まれていなかった。ミシェル夫人はホワイトハウスのスタッフたちに「加工食品でなく、自然な食べ物を持ってきてください」と独自の注文をしていたのである。

 フリルのついた白いブラウスにコーラルピンクのカーディガンを羽織り、その上に紫紺のエプロンをつけ食事をサーブするミシェル夫人の姿はマスコミで大きく取り扱われていた。

「健康」を強調

 これに先立つ2月22日、ミシェル夫人はホワイトハウスのキッチンにニューヨーク・タイムズの記者と国際料理教室の学生たちを招き、ブリーフィングを行っている。ちょうど、その時のキッチンは、その夜にホワイトハウスで行われる初めての公式晩餐会の準備中で、色とりどりの料理が並んでいた。

 ミシェル夫人の傍らには、第1料理シェフのクリスタ・コマーフォード氏と第1デザートシェフのビル・ヨセス氏がいた。ミシェル夫人は、ホワイトハウスの日々の料理は、ワシントン近郊の素材を利用しており、「健康」がキーワードであることを説明した。メリーランド州、デラウェア州、ニュージャージー州などワシントンDC近郊で取れる野菜や果物を使い、脂肪の少ない料理を提供する、という。

 続いて、コマーフォード氏は、今日の公式晩餐会の料理のテーマはアメリカン・スプリッツである、と語った。今日の牛肉はネブラスカ州、ドラゴン人参はオハイオ州、ホタテ貝はマサチューセッツ州と産地を明らかにした。そして、ヨセス氏は、できるだけ添加物をつかわずに、アメリカの特産物を使用したい、と付け加えた。

 「ホワイトハウスのシェフたちは、クリームを使わずにクリームスピナッチが作れるのよ」とミシェル夫人は胸を張った。

 クリームスピナッチは、代表的なステーキの副菜だ。日本語にすると「ホウレンソウの生クリームあえ」といったところか。野菜不足を考えて、ついつい頼んでしまう。

 だが、小皿に盛られたクリームスピナッチを食べきることは難しい。ステーキも高カロリー。前菜のサラダのボリュームは大きく、ドレッシングには思ったよりもオイルが入っている。パンにはバターも塗る。これだけでお腹がいっぱいに近づく。

コメント1

「O列車で行こう」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

意外なことに、伝統的な観光地が 訪日客の誘致に失敗するケースも 少なからず存在する。

高坂 晶子 日本総合研究所調査部主任研究員