• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「“男の沽券”って何スか?」と聞く「草食男子」

牛窪 恵さん×深澤真紀さん(最終回)

  • 深澤 真紀,橋中 佐和

バックナンバー

2009年3月26日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

──連載「U35男子マーケティング図鑑」(のちに『平成男子図鑑』として発行)の中で、深澤真紀さんが命名した「草食男子」について、今回も議論を尽くしていただきます。

 ゲストは前回に引き続き、マーケティングライターで『草食系男子「お嬢マン」が日本を変える』(講談社プラスアルファ新書)の著者、牛窪恵さんです。


―― お2人の対談の最後に、「草食男子」「草食系男子」がこれからの日本をどう変えるのかについてお話しいただきたいと思います。

牛窪 まず、彼らは基本的に何かに牙をむくことのない穏やかな人たちで、こんな「いい子」を増殖できた日本は捨てたものではないと思います。不景気になるとなおさら彼らは、転職願望が薄れて、上司ともそこそこうまくやっていきたいはずですから、言うことをちゃんと聞くようになるでしょう。

 注意が必要なのは、『草食系男子「お嬢マン」が日本を変える』にも書いたように、「頑張る」という言葉1つにしても、彼らなりの「頑張る」があって、概念がかなり違うという点です。

―― 上司が部下に残業を頼む時に「頑張れよ」と言い、「はい、頑張ります」と答えた部下が、残業をたった1時間しただけで帰ってしまう、というエピソードがご著書にありましたね。

牛窪 そうなんです。上司の方は、「頑張る」と言うなら少なくとも6時間ぐらいは残業するだろう、または徹夜してでも完成させるだろう、と考えますよね。でも1時間残業して「俺、頑張ったじゃん」と満足したら帰ってしまうのが、「草食系男子」。それが彼らなりの「頑張る」なんです。

 そもそも「徹夜して仕上げる」という概念そのものが彼らにはないのです。だから上司は、同性といえども「草食系男子」は全く別の生き物と思って接した方がいいですね。女子に対するような接し方をすると、「草食系男子」の扱いでも大きな失敗はないと思います。

マーケティングライター、インフィニティ代表取締役の牛窪恵さん(左)と深澤真紀さん

コメント2件コメント/レビュー

最後は綺麗にまとまってましたが、いくつか疑問があります。草食系を否定するのは、男とは限らないです。女性だってアナログな考えが多くて、男はこうあるべきだという意見があって、草食系の人を否定する人がまだまだ多いです。アメリカの真似しすぎてきたというのは同感で、近年経済から社会から恋愛までアメリカの真似しすぎたと思います。ですから和に帰るというのは、自然な現象なのかもしれません。(2009/03/26)

「「草食男子」も悪くない」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

最後は綺麗にまとまってましたが、いくつか疑問があります。草食系を否定するのは、男とは限らないです。女性だってアナログな考えが多くて、男はこうあるべきだという意見があって、草食系の人を否定する人がまだまだ多いです。アメリカの真似しすぎてきたというのは同感で、近年経済から社会から恋愛までアメリカの真似しすぎたと思います。ですから和に帰るというのは、自然な現象なのかもしれません。(2009/03/26)

持続可能な社会は、草食系でなければ。この調子なら、サービス残業もなくせるかもしれません。ここまで来るのにずいぶん回り道したものですね。(2009/03/26)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リクルートは企業文化そのものが競争力です。企業文化はシステムではないため、模倣困難性も著しく高い。

峰岸 真澄 リクルートホールディングス社長