• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

実は、日本の投資家は「社会貢献」で先端を走っている

ケン・レイ世界銀行副総裁インタビュー

2009年4月3日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 世界を不況のどん底に突き落とした金融資本主義に対して厳しい視線が注がれている。だが、一方で、環境関連の投資信託やワクチン債、クールボンドなど、社会貢献に役立てる「金融商品」もあり、静かな広がりを見せている。こうした商品への投資は、社会的責任投資などと言われる。

 社会に役立つ投資だからと、収益をあきらめる必要は必ずしもない。場合によっては社会的責任投資の方が、収益性が高くなる可能性すらある。

 世界での投資規模は、欧米の年金基金などが圧倒的に主力だ。日本SRI年報2007によれば、 2005年時点で米国では約270兆円、欧州では約150兆円の市場規模を誇る大きな市場だが、日本では2007年時点で0.8兆円程度に過ぎない。だが、個人向けで目立って資金を出しているのは、実は日本人の個人投資家である。

 こうした個人向け“社会貢献債券”発行に深くかかわり、世界銀行の資金調達に関する最高責任者であるケン・レイ副総裁に、社会に貢献する投資の現状を聞いた。

(聞き手は日経ビジネス記者 広野彩子)


 ――日本の個人投資家が、社会貢献的な投資で目立っているそうですね。

ケン・レイ世界銀行副総裁 (写真:山田 愼二)

レイ副総裁 社会を良くする事業や企業活動に投資する持続可能な社会的責任投資(SRI)は、非常に速いスピードで発展してきました。規模が大きい市場で、しかもこの分野の動きは非常に速いのです。そして実は、個人投資家レベルでは、世界で先頭を走っているのは日本の投資家なのです。日本の個人投資家は、この分野について極めて意識が高いのです。

 2009年2月上旬に、IFFIm(イフィム=国際金融ファシリティ)という国際機関が、大和証券を通じて「ワクチン債」(注)を日本の個人投資家向けに発行したところ、約400億円を調達できました。途上国の子供たちに、ワクチンを接種する事業に特化した資金調達です。これは昨年に引き続き発行されたものですが、投資家向けの説明会等でも非常に関心が高かったと聞いています。

社会貢献の事業資金を債券発行で調達

 ここ数年、投資の世界では、社会貢献に関心のある個人投資家レベルだけではなく、機関投資家のレベルでも、(どこの組織に投資するかよりも)投資した資金がどう使われるかに、関心が高まってきました。

 最初の頃は、SRIは非常に限られたもので、利益をあきらめなければならない投資だと見られていました。しかしながら、今、株式市場では、優れたコーポレートガバナンス(企業統治)や環境への対応が、実際に企業収益を高めるという事実にますます注目が集まっています。

コメント0

「ニュースを斬る」のバックナンバー

一覧

「実は、日本の投資家は「社会貢献」で先端を走っている」の著者

広野 彩子

広野 彩子(ひろの・あやこ)

日本経済新聞社NAR編集部次長

朝日新聞記者を経て日経ビジネス記者、2013年から日経ビジネス副編集長。日経ビジネスオンラインでコラムの執筆・編集を担当。入山章栄氏の著作『ビジネススクールでは学べない 世界最先端の経営学』を担当。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トランプ政権のここまでの動きはスロー。

ジョセフ・ナイ 米ハーバード大学特別功労教授