• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

平成・ロスジェネ男子が語る「草食男子はどこに行く」

大宮冬洋さん×深澤真紀さん(1)

  • 深澤 真紀,橋中 佐和

バックナンバー

2009年4月9日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 連載「U35男子マーケティング図鑑」、のちに『平成男子図鑑』として発行の中で、深澤真紀さんが命名した「草食男子」。

 今回はゲストに、連載「ロスジェネ世代の叫び!」の著者で、『30代未婚男』(日本放送出版協会)の共著も持つフリーライターの大宮冬洋(おおみやとうよう)さんをお迎えします。


  • 深澤真紀氏の著書、『平成男子図鑑』(日経BP社)は、「草食男子」が生まれた連載「U35男子マーケティング図鑑」をまとめたもの。2007年6月発行


  • 大宮冬洋氏の共著書、『30代未婚男』(日本放送出版協会)。30~39歳の男性を対象に「なぜ結婚しないのか」を調査した本。2006年6月発行


――お2人は初対面ということで、ご挨拶代わりにそれぞれの著書、連載のご感想を伺いたいと思います。まず大宮さんから、深澤さんの『平成男子図鑑』をお読みになっていかがでしたか?

大宮 熟読しまして、面白かったです。この本には“愛”がありますね。

深澤 本当ですか、よかった。

大宮 本に出てきた平成男子の中で、特に興味深かった人が5人いるんです。…多すぎますか?

深澤 いえいえ、うれしいです。

草食男子も、モテに興味がないわけじゃない

フリーライターの大宮冬洋さん。1976年埼玉県生まれ。一橋大学法学部卒業後、ファーストリテイリング(ユニクロ)に就職するがわずか1年で退職。編集プロダクションを経て、2002年よりフリー。「日経ビジネスアソシエ」「プレジデント」「きょうの料理ビギナーズ」「dancyu」などで執筆。著書に『30代未婚男』『ダブルキャリア』(ともに共著/日本放送出版協会)がある。「自炊」に懲り、食生活ブログをほぼ毎日更新中(写真:山田 愼二、以下同)。

大宮 具体的には、「オカン男子」、もちろん「草食男子」、あとは「ニュアンス男子」「ガンダム男子」「テキトー男子」なのですが、「自分にも当てはまるかな?」という部分と、友達の中に「ああ、こういうやついる」というのと、それから「で、僕たちどうすればいいんだろう?」という迷いに対してヒントがあるという、この3点で共感しましたね。

 オカン男子については、「選択家族より血縁家族を選びがちで、自分で新しく家族を作ろうとしない」と書いてあって、それがすごく分かる。僕が「ロスジェネ世代の叫び!」で取材をしている中でも、「やっぱり家が大事」とか「彼女より両親」みたいなことを言われますし。

深澤 多いですね。

大宮 僕自身も例えば、クリスマスにモスバーガーでモスチキンを買って両親と食べるという風習があるので、「ああ、何か俺のことみたい…」という部分がありました。小説の『東京タワー~オカンとボクと、時々、オトン~』(リリー・フランキー、扶桑社)にも共感したし。

コメント4件コメント/レビュー

私も マチルダは刹那的な意味でキャラは立ちますが、普通に魅力的と言うか、主演女優的なポジションはアルテイシアだと思います。 敵将ではキャスパルよりランバ・ラル。アウトサイダーで傍目八目な所が良いですね。 フラウ、ミライには全く感心を示さないオサーンです。  RX78のコアファイタ-は、上下を繋ぐには強度に無理があると思いますので、ゼータの方が好きですね。(2009/04/10)

「「草食男子」も悪くない」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

私も マチルダは刹那的な意味でキャラは立ちますが、普通に魅力的と言うか、主演女優的なポジションはアルテイシアだと思います。 敵将ではキャスパルよりランバ・ラル。アウトサイダーで傍目八目な所が良いですね。 フラウ、ミライには全く感心を示さないオサーンです。  RX78のコアファイタ-は、上下を繋ぐには強度に無理があると思いますので、ゼータの方が好きですね。(2009/04/10)

ロスジェネ世代とはガンダムの見かたも違っていたとは、、、、ガンダム放送時高校生だった小生は、ガンダムを見ているとオタクと言われていた。好きな女性キャラはセイラことアルテイシアで、感情移入したのは主人公のアムロというゴールデンパターンである。マチルダさんにはまったく萌えなかったので、なぜ人気があるのか不思議だったが、ロスジェネ世代の人気だったのか!敵キャラではラルよりもシャアが気になったし、ハモンや部下たちが玉砕してまで戦う姿が理解できなかった。ラルよりもドズルのほうが男らしいと思うのだが、、、まあ、オールドタイプ丸出しの好みですわな。今思うと自分に似ているのは、味方ならカイで、敵ならマ・クベということで、ロスジェネ世代から嫌われる筆頭かな。(2009/04/09)

一言で言えば、日本は豊かな国になり過ぎちゃったね、ということでしょう? 類型化は文化人類学やマーケティングに有効だろうし、流行語を創り出したという意味で時代を捉えている事は認めるが、ここまで盛り上がる程のものだろうか? 類型化オタクというか、「類型好き男子(女子)」という類型がある事を知りました。(2009/04/09)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授