• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

ヒラリー流「デキる女は黒のパンツスーツ」

  • 横江 公美

バックナンバー

2009年4月10日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 先週、ロンドンで開催された金融サミットでは、相変わらずミシェル・オバマ夫人のファッションが話題になっていた。一方、ファーストレディー時代には、ミシェル夫人と異なりそのファッションセンスには「?」がつけられたヒラリー・クリントン国務長官。

 しかし、今やヒラリー氏のファッションは、ミシェル夫人とは違った形で、全米の働く女性に影響を与えている。それはなぜか。

 先週の記事でも紹介した拙著『キャリアウーマン・ルールズ』(KKベストセラーズ)の取材をしていた時、ヒラリー氏は働く女性のファッションに多大なる影響を与えていたことに気がついた。

 最近、パンツスーツを格好良く着こなしてバリバリと楽しそうに働く女性の姿、よく目にしますよね。日本では、黒やグレー、アイボリーといった色のパンツスーツが主流でしょうか。

 オフィス街だけではなく、ファッション雑誌のモデルたちも颯爽と着こなしている。政治家でも小渕優子少子化担当相や小池百合子元防衛相などが、シンプルなパンツスーツ姿をよく披露している。

 今ではそれを当たり前のように見ているが、公の場で女性がパンツスーツ姿で現れるようになったのは、最近のことだ。そして、その立役者こそが、ヒラリー氏だったのです。

ヒラリーと黒のパンツスーツ

今年3月24日、米ワシントンで、オーストラリアのケビン・ラッド首相と会談した時のヒラリー・クリントン長官
画像のクリックで拡大表示

 ヒラリー氏は、ファーストレディー時代に上院議員立候補するという前代未聞の試みをやってのけ、成功した。彼女のそうした動きに、「それって、夫の七光りを使った禁じ手じゃないの」という突っ込みも入れたくなる。

 だが、米国ではこんな批判の声はほとんど聞かれなかった。もともと夫以上に政治手腕があると見られていたこともあり、彼女の立候補は米国人にとっては、サプライズでもなんでもなかったようだ。

コメント4

「O列車で行こう」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本全体として若い世代にもっと所得の分配をしていくべきだと思う。

川野 幸夫 ヤオコー 会長