• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

絶好調・任天堂が悩む海賊装置

裁判勝訴も世界で蔓延、ソニーも対策強める

2009年4月13日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 法廷では勝ったが、ゲームクリアとはいかず──。

 業績好調の任天堂が深い悩みを抱えている。世界に蔓延する海賊ソフト問題だ。

 この3月、任天堂とカプコン、スクウェア・エニックス、セガなどゲームソフト開発54社が、ゲーム機の不正利用装置「マジコン」を販売する輸入業者5社に対して、東京地裁に販売差し止めなどを求めた裁判で、任天堂側の勝訴が確定した。

差し止め判決も歯止めかからず

 だが判決が確定した今も、電気街やインターネット上の通販サイトではマジコンを簡単に入手できる。

 マジコンとは海賊版ソフトをゲーム機で使えるようにする製品で、約3000円で売られている。例えば携帯型ゲーム機「ニンテンドーDS」向けマジコンとして有名な中国製の「R4」は、DS用ゲームで使うロムカード(ゲーム情報が入ったカード)と外見はほぼ変わらず、使い方も一緒だ。

販売が続く電気街の店頭
任天堂などの勝訴確定後も電気街の店頭で海賊版ソフト利用ツールの販売が続いている

 ネット上には違法のゲーム情報が溢れている。それをパソコンに取り込み、メモリーカードに保存する。そしてR4にカードを組み込み、ゲーム機のスロットに差し込めば、ゲーム機が起動する。正規ソフトを買わなくても、ゲームを自在に楽しめるのだ。

 「お、まだ買えるんだ」。4月4日土曜日、日本有数の電気街、東京・秋葉原では「R4」「DSTT」などマジコンの宣伝看板を見た若者たちが店舗に吸い込まれていった。
 

マジコン「R4」
マジコン「R4」

 東京地裁で販売差し止め判決が出た2月27日からは、販売をやめる電器店やゲームショップも増えた。だが、一部店舗は販売を続けており、入手できる状況が続く。

 マジコンを販売する秋葉原のゲームショップ店員は「違法判決が出たのは知っている。しかし、『もう買えなくなるのでは』と心配する顧客の駆け込み需要が増えており、販売を続けている。在庫も十分にある」と打ち明ける。

 店舗だけでなく、ネット上でも違法な販売業者とのいたちごっこは続く。

 今年3月、あるネットオークションサイトに「DSL用IC3777788」という商品が登場した。「ニンテンドーDSの本体の機能が向上する半導体チップ」という触れ込みがあり、大量に出品された。3777788は携帯電話の文字盤入力に直すと「DSTT」。実際には「マジコン」と見られることから、後に商品は削除された。

コメント5

「時事深層」のバックナンバー

一覧

「絶好調・任天堂が悩む海賊装置」の著者

広岡 延隆

広岡 延隆(ひろおか・のぶたか)

日経ビジネス記者

日経コンピュータ編集部、日本経済新聞産業部出向を経て2010年4月から日経ビジネス編集部。現在は自動車など製造業を担当している。これまでIT、電機、音楽・ゲーム、自動車、製薬産業などを取材してきた。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

全体の2~3割の人でも理解し、動き出してくれれば、会社は急速に変わります。

中村 克己 元ルノー副社長、前カルソニックカンセイ会長