• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「エコカー減税」で笑うメーカーはどこ?

独自調査で見る消費者の評価

2009年4月15日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 政府のエコカー買い替え促進策がまとまった。

 新車登録から13年を超える自動車を廃車にして、2010年度燃費基準を満たすクルマに買い替える場合は25万円(軽自動車に買い替える場合は12万5000円)、廃車を伴わず、同燃費基準を15%以上上回る低燃費車を購入する場合は10万円(軽自動車は5万円)の補助が受けられる。

 4月1日にはハイブリッド車などのエコカーを対象に、自動車取得税や自動車重量税の減免がスタートしており、苦境にあえぐ自動車産業にとって追い風になるとの期待がある。今回の買い替え促進策によって、政府は約100万台もの新車販売押し上げ効果があるとそろばんをはじく。

 一連の施策はエコカーへの買い替え促進も目的の1つ。販売低迷に苦しむ自動車メーカーは、新車投入などの機会を利用してここぞとばかりに、燃費や排ガスなどの環境技術の優位性をアピールする。

燃費、環境は「トヨタ」「ホンダ」の2強

画像をクリックして拡大表示

 それでは選ぶ側の消費者は、どのメーカーが燃費や環境技術で優れていると見ているのか。「日経ビジネス」および「日経ビジネスオンライン」が実施した独自アンケート調査から探ってみた(調査の概要は文末参照)。

対象は日本の主要乗用車ブランド(軽自動車主体のスズキ、ダイハツ工業を除く)と日本で人気の高い主要ドイツ車ブランドの合計11ブランドとした。

 右の表から分かるように、燃費、環境技術ともに高い評価を得たのが「トヨタ」と「ホンダ」。両ブランドとも約半数の回答者が「優れている」と答え、他ブランドを大きく引き離している。ユーザーからの評価だけでなく、非ユーザーを含む全回答者の見方でも同様だ。

 燃費については若干ホンダの方が高い評価だった。コンパクトカーから高級セダンまでフルラインで揃えるトヨタに比べ、商品群が小型車中心であることが燃費のイメージにプラスに働いたと見られる。

 環境技術については、トヨタが上回った。1997年の初代「プリウス」発売後、ハイブリッド車市場をリードしてきたことが、こうした結果につながっていると言えそうだ。

コメント5件コメント/レビュー

エコカーの出現で俄かに車価格が取りざたされてきたが、これまでの車メーカーの経営姿勢に疑問を感じた。トヨタは確かに品質・信頼性の良い車だと思い、オーナーになったそれを購入したときのセールスは「トヨタは他車とは違うんです 値引きは絶対に応じません。引き取り車は対象になりません。それでも良かったら買ってください」と強気・傲慢な姿勢でした。幾らかでも定価に買いたい心理は誰にもあるでしょう。品質を重視していたので仕方なくいわれるがままに購入したが、その時のセリフは今も忘れられない。   そのトヨタが今の姿勢はどうですか? 輸出不振・国内販売低下、そればかりか ホンダインサイト販売増加でシェアが心配になると手のひらを返したように低廉価格に転換した。これまでのユーザーを弄んで来たように思えて仕方がない。他社でもこのような姿勢で臨んでいたかもしれないが、経営者の嫌な裏面を見せられた感じがしている。他の業界でも生き残りのために今までの頑張りを更に見直して価格・品質に、そして雇用に対しても努力しているではないですか。トヨタのみを批判しているわけではありません。日本経済のために貢献してきた車産業ですから、これからの期待感も大きいのです。経営者はおごりを捨てて、国民視野に立って新たな心境で望んで欲しいと思う。(2009/04/19)

「NBニュース」のバックナンバー

一覧

「「エコカー減税」で笑うメーカーはどこ?」の著者

細田 孝宏

細田 孝宏(ほそだ・たかひろ)

日経ビジネス 副編集長

1995年早稲田大学卒業。日経BPに入社し、日経ビジネス編集に配属される。日経アーキテクチュア編集、日経ビジネス・ニューヨーク支局長などを経て現職

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

エコカーの出現で俄かに車価格が取りざたされてきたが、これまでの車メーカーの経営姿勢に疑問を感じた。トヨタは確かに品質・信頼性の良い車だと思い、オーナーになったそれを購入したときのセールスは「トヨタは他車とは違うんです 値引きは絶対に応じません。引き取り車は対象になりません。それでも良かったら買ってください」と強気・傲慢な姿勢でした。幾らかでも定価に買いたい心理は誰にもあるでしょう。品質を重視していたので仕方なくいわれるがままに購入したが、その時のセリフは今も忘れられない。   そのトヨタが今の姿勢はどうですか? 輸出不振・国内販売低下、そればかりか ホンダインサイト販売増加でシェアが心配になると手のひらを返したように低廉価格に転換した。これまでのユーザーを弄んで来たように思えて仕方がない。他社でもこのような姿勢で臨んでいたかもしれないが、経営者の嫌な裏面を見せられた感じがしている。他の業界でも生き残りのために今までの頑張りを更に見直して価格・品質に、そして雇用に対しても努力しているではないですか。トヨタのみを批判しているわけではありません。日本経済のために貢献してきた車産業ですから、これからの期待感も大きいのです。経営者はおごりを捨てて、国民視野に立って新たな心境で望んで欲しいと思う。(2009/04/19)

初代インサイトやシビックハイブリッドなどの取り組みには目を向けてもらえず、新型インサイトを出してようやく「イメージが良くなった」になるのでは真面目に取り組む意欲が却って削がれてしまいそうです。ここで評価の低いメーカーでも例えばマツダにしてもミラーサイクルやアイドリングストップなど環境に熱心な印象があったのですが、世間のイメージというのは怖いという感想です。こういう特需的施策も結構ですが、突風が吹いた結果将来有望な技術の芽が摘まれてしまわないことを祈ります。(2009/04/16)

買わないことが最大のエコ(2009/04/16)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

夢の実現にあたっては強く「念ずる」。そうした心構えを支えにビジネスの世界の荒波を渡ってきました。

後藤 忠治 セントラルスポーツ会長