• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

第16話 熟女パワー開拓に走り回る30代スタッフ

  • 出井 康博

バックナンバー

2009年4月17日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 次期衆院選に挑戦する民主党新人候補・B(30代)の事務所に4月、4人目となる常勤スタッフが加わった。これでスタッフの人件費は、パートを含めて月120万~130万円になる。

 Bの資金繰りについては第7話でも触れたが、党本部から支給される交付金だけでは足りず、父親から借りた3000万円に頼っている。Bは政治家2世でもなく、特定の後援組織もない。“フツーの”若者が国政に挑もうとすれば、資金の問題は大きな壁なのだ。

 そんな厳しい資金状況の中、なぜ、これほどのスタッフがBには必要なのか。新人スタッフ・J(30代)の1日に密着した。

10年勤務した地方公務員生活で感じた高卒の壁

 午前6時45分、背広姿のJがもう1人のスタッフと駅前に現れた。午前7時から始まるBの演説の前に、ノボリやマイクなどを設置するためだ。

 「本当は候補者(B)が来る前に準備を済ませて、ビラを配り始めていなくちゃならないんです。でも、今日は少し到着が遅れてしまいました」

 Bは平日の朝、選挙区内のどこかの駅で演説をする。場所によっては車で1時間近くかかることもあるが、Jは他のスタッフと交代で週に2~3日は同行する。Bがマイクを握っている1時間は、駅の利用客に「おはようございます!」とあいさつを繰り返し、ひたすらビラを配る。

 Jは高校卒業後、地方公務員となって約10年勤めた。仕事面で問題にも気づくようになったが、発言しようにも「高卒」という学歴がネックとなった。学歴など関係ない政治の世界で、役所の人間を見返したい。そんな思いもあって公務員を辞め、ある政治家のスタッフとなった。

コメント2

「衆院選「候補者A」かく闘わんとす」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

機械を売るんじゃなくて、電気が欲しい方に電気が起きる装置をソフトも含めて売るビジネスをしていこうと。

田中 孝雄 三井造船社長