• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

ホンダのアキレス腱

米在庫の適正化が、黒字死守の試金石に

2009年4月20日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 逆境の自動車業界で業績の底堅さが目立つホンダ。2009年3月期に、トヨタ自動車と日産自動車は巨額の赤字を見込むが、黒字を確保しそうだ。

 そんなホンダのアキレス腱と言えるのが、米国の在庫問題である。

日本の自動車大手3社の米国の在庫日数(月末時点)

 今年3月末の在庫日数は、トヨタの64日、日産の62日に対して、ホンダは92日と突出している。北米は、2008年3月期にホンダの連結営業利益の5割近くを稼ぎ出した大黒柱であるだけに、問題は深刻だ。

 なぜホンダは、在庫調整が遅れたのか。最大の理由は、米国でクルマ販売の減速が鮮明になった昨年春以降も、同社の販売好調が続いたことにある。原油高を追い風に、「シビック」や「フィット」など低燃費の小型車が売れに売れた。対照的に、トヨタと日産は、燃費で見劣りするSUV(多目的スポーツ車)やピックアップトラックの比率が高く、苦戦した。

「ガソリン高でも好調」が裏目に

 販売不振を受けてライバルが、減産に踏み切る中、ホンダは逆に小型車を増産する方向に動いた。米インディアナ州で建設中だった新工場の稼働計画も、予定通りに進めた。

 ところが昨年9月に米リーマン・ブラザーズが破綻し、金融危機が表面化すると状況は一変した。消費者の購買意欲は冷え込み、原油価格は急落。低燃費の小型車でも売れなくなった。そんな中で増産体制が整い、ホンダの完成車の在庫は積み上がっていった。

 「米国では、ホンダのブランド、商品、販売力が極めて強く、在庫調整は段階的になった。工場の長期休業を決めた欧州とは対照的だ」(UBS証券の吉田達生シニアアナリスト)

 米国の販売低迷が長期化する中、ホンダは生産調整を急いでいる。3月までに北米の工場稼働率を7割程度に落とした。5~7月も、米国とカナダの工場で、13日間の稼働休止日を設ける。6~7月までに在庫を適正水準の60日以下にしようと躍起だ。

コメント4件コメント/レビュー

消費者動向が水が低きに流れるようにデフレ銘柄に流れる(日本でのHISやユニクロの堅調に見られるような)兆候が顕れるのであれば、ホンダは優位かと思いますし、是を機に消費者マインドのパラダイムシフト(日本と同質のより"道具然"とした車志向)が進むのであれば先行者利得すら得られるように思います。確かにローン与信評価の問題等で販売減が著しいとはいえ、不動産資産とちがってあちらでは生活に必要な消費財ですから一時的な低迷でしかないのではないでしょうか。(中古車市場が余程改善統合されるならまた話は変わってくるでしょうが)何より、トヨタやキャノンの様に国内でも相応の余力があり本来先見の明を以って範を垂れるべきリーディングカンパニー群が余りに短慮焦慮に見える(御身大事にすぎ世と社員と仕事先の心理を冷え込ませる様な行動ばかりが目に付く)向きがある中で、健全な向きに舵を切る企業に相応の報いがあれかし、と願うやや私的な願望もあるものですから。(2009/04/20)

「時事深層」のバックナンバー

一覧

「ホンダのアキレス腱」の著者

山崎 良兵

山崎 良兵(やまざき・りょうへい)

日経ビジネス副編集長

日経ビジネス編集部、ニューヨーク支局、日本経済新聞証券部などを経て、2017年1月から日経ビジネス副編集長。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

消費者動向が水が低きに流れるようにデフレ銘柄に流れる(日本でのHISやユニクロの堅調に見られるような)兆候が顕れるのであれば、ホンダは優位かと思いますし、是を機に消費者マインドのパラダイムシフト(日本と同質のより"道具然"とした車志向)が進むのであれば先行者利得すら得られるように思います。確かにローン与信評価の問題等で販売減が著しいとはいえ、不動産資産とちがってあちらでは生活に必要な消費財ですから一時的な低迷でしかないのではないでしょうか。(中古車市場が余程改善統合されるならまた話は変わってくるでしょうが)何より、トヨタやキャノンの様に国内でも相応の余力があり本来先見の明を以って範を垂れるべきリーディングカンパニー群が余りに短慮焦慮に見える(御身大事にすぎ世と社員と仕事先の心理を冷え込ませる様な行動ばかりが目に付く)向きがある中で、健全な向きに舵を切る企業に相応の報いがあれかし、と願うやや私的な願望もあるものですから。(2009/04/20)

日本産業のとって、楽しみな情報だと思う。ホンダ経営陣の先見性の高さがあると小生は評価したい。これまでは トヨタ・ベンツ・BMWなどはステータスとして持ちたいと考えていた日本のオーナーが多かったが、ホンダの良さを米国など外国で評価されてきたことは喜ばしい。他社の経営陣も顧客志向・経済感覚など先見性を高め、事業経営に邁進してほしい。(2009/04/20)

忘れてならないのが、高価とは言え、車は消耗品であり必ず買い換える必要がある。顧客視点に立つと、欲しいときに手に入らないのは実につまらない状況であると思う。例えば事故を起こし廃車になった場合、購入したくても2ヶ月先と言われたらどうするだろう。高価なレンタカーを借りる程の世界情勢ではない。体力のある会社が在庫を抱える必要があるし、世界最大のトヨタが保守的に在庫減らしをしていることに腹が立つ。燃費が悪かろうが顧客が欲しい車種であればラインナップと命打つからには在庫を持つ必要があるだろう。(2009/04/20)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授