• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

たかが犬、されど犬の「ボー」

  • 横江 公美

バックナンバー

2009年4月24日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 バラク・オバマ大統領がついに2人の娘であるマリアちゃんとサーシャちゃんと交わした公約を果たした。1匹の子犬をホワイトハウスの住人として迎えたのだ。オバマ大統領は昨年11月、大統領選に当選したら犬を飼うことを娘たちに約束していたが、いつからという時期は明かされていなかった。

 オバマ家にやってきた犬は、黒色と白色が交ざるポルトガル・ウオーター・ドッグ。名前は「ボー」と名づけられた。前脚とお腹が白で、その他は黒い毛で覆われている。まるでタキシードを着ているようだ。

ファーストドッグのボーとホワイトハウス内の敷地を歩くオバマ大統領と娘のマリアちゃん © AP Images
画像のクリックで拡大表示

 オバマ大統領はファーストドッグ=大統領家の犬の候補を、捨てられた犬から探すと言っていたが、結局は見つけることができなかった。むしろ「見つけなかった」と言う方が正しい。大統領自ら選択肢を示してしまうと、いろいろなハレーションを起こしてしまう可能性がある。

 考えすぎだと言われるかもしれないが、初の黒人大統領だけにこれまでの大統領以上に一挙手一投足が注目されてしまう立場にあるのがオバマ大統領だ。そこで、オバマ大統領の熱心な支援者であるテッド・ケネディ上院議員がプレゼントする、という運びになった。余分な議論を呼ばない心憎い演出だ。しかも、白と黒が交じったボーなら、白人と黒人の融和を象徴する犬にもなる。

 さらにケネディ上院議員はプレゼントするに当たって、毛があちこちに飛ばない「ボー」を選んだ。アレルギーのあるマリアちゃんを慮っての選択だという。アレルギーがあるなら、わざわざ飼うこともないのにと思ってしまうところだが、そうまでして約束を果たしたのは、何も娘をこの上なく愛するからだけではない。

 ホワイトハウスの住人にとって、ペット、とりわけ犬を飼うことは不文律とも言えるものになっている。ビル・クリントン元大統領もホワイトハウスでは犬と猫を、その次のジョージ・ブッシュ前大統領も犬を飼っていた。ブッシュ大統領時代のホワイトハウスのホームページには、ファーストペットの情報ページまで作られていたほどだ。

 犬を飼うことは、米国の中では特別な意味を持つ。彼らは犬好きの国民で、一種のアイデンティティーにもなっている。

「世界一おバカな犬」の大ヒット

 昨年の年末年始に米国で一番ヒットした映画は「マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたこと」。主演は、最近人気の俳優オーウェン・ウィルソン。その妻役は、テレビシリーズ「フレンズ」でブレイクしたブラッド・ピットの元妻ジェニファー・アニストン(日本では2009年3月から上映)。

コメント3件コメント/レビュー

ペットに対するWASPの考え方などについては、アメリカを知るものにとっては常識だが、日本人はよく知らないので、いい記事だと思う。小生は犬猫とも大好きで、子どものころから飼っていたが、妻が動物嫌い、触るのは絶対いやという性格のため、子どもも動物嫌いになった。息子が小学生のときにアメリカの学校で、好きな動物についての作文を書く宿題が出たところ、好きな動物はいないと書いた。それを読んだ教師が問題視し、夫婦で呼び出され、このような家庭では、子どもの情緒がまともに育たない。ぜひ動物を飼うべきだ。そうしなければ、赤点をつけると言われた。小生は、どうぞ付けてください。日本人は江戸時代まで、動物を殺さずに肉食をしなかった。大昔から血の滴るステーキを食べてきた人種に動物愛護を教わる言われはないと言って、拒否したところ、異文化の子どもだからしょうがないと、目こぼしされた。日本人のペット好きは異常である。動物と人間のけじめがない。日本人は、動物を異分子、他人と見るか、人間と同じ家族と見るかの両極端である。WASPは飼い犬としての地位、扱いがきちんと決まっていて、完全に人間扱いすることはない。それは、奴隷の文化があるからだと思う。昔の黒人奴隷はいわば飼い犬と同じような扱いだった。けじめがついていた。日本には奴隷の文化がないから、赤の他人か、血のつながった家族扱いかしかない。(2009/04/24)

「O列車で行こう」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ペットに対するWASPの考え方などについては、アメリカを知るものにとっては常識だが、日本人はよく知らないので、いい記事だと思う。小生は犬猫とも大好きで、子どものころから飼っていたが、妻が動物嫌い、触るのは絶対いやという性格のため、子どもも動物嫌いになった。息子が小学生のときにアメリカの学校で、好きな動物についての作文を書く宿題が出たところ、好きな動物はいないと書いた。それを読んだ教師が問題視し、夫婦で呼び出され、このような家庭では、子どもの情緒がまともに育たない。ぜひ動物を飼うべきだ。そうしなければ、赤点をつけると言われた。小生は、どうぞ付けてください。日本人は江戸時代まで、動物を殺さずに肉食をしなかった。大昔から血の滴るステーキを食べてきた人種に動物愛護を教わる言われはないと言って、拒否したところ、異文化の子どもだからしょうがないと、目こぼしされた。日本人のペット好きは異常である。動物と人間のけじめがない。日本人は、動物を異分子、他人と見るか、人間と同じ家族と見るかの両極端である。WASPは飼い犬としての地位、扱いがきちんと決まっていて、完全に人間扱いすることはない。それは、奴隷の文化があるからだと思う。昔の黒人奴隷はいわば飼い犬と同じような扱いだった。けじめがついていた。日本には奴隷の文化がないから、赤の他人か、血のつながった家族扱いかしかない。(2009/04/24)

新たな視点を提供してくれた面白い記事でした。(2009/04/24)

ニュースになるほど堅い話でもないけれど米大統領周辺の事情を知るのに役立ち、軽い語り口でありながら品位を保っているとてもよいコラムでした。 ありがとうございます。(2009/04/24)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「タイム・トゥ・マーケット」で売らないともうからない。

栗山 年弘 アルプス電気社長