• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

第3回 新人よ「おわび」の主役になるな!

  • 山田 ズーニー

バックナンバー

2009年4月27日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

おとなのおわび3要素は、
「反省」「謝罪」「償い」。

仕事のおわびは、これに、
「原因究明」「今後の対策」が加わって5要素になる。

きょうは、新人がおちいりがちな、
「誤ったおわび」の心理をおさえ、
社会人として「通じるおわび」をめざそう!

新人のおわびと言えば、こんな光景を見る。

ミスを出し、みんなに迷惑をかけた新人が泣いている。
そのまわりを心配そうに、何人かの先輩がとりかこみ、
なぐさめたり、励まししたりしている。

なんのかんの言っても、やっぱり新人はかわいい。

新人のこない職場は寂しい。
新人がいるだけで本当にいいものだ。

上司や先輩たちは、
少子化で希少になった赤ん坊を、
親や祖父母、親戚、ご近所、総出でかまうように、
何かといえば、気にかけ、かまう。

新人は、最初は、
「自分が悪かった」とあやまり、
やがて自分を責め、
そのうち心情を吐露する。

「自分が思い上がっていたんです。
大学まで順調に来すぎてしまったから…」とか、

「ここ最近、ずっと不安だったんです。
自分はこの仕事にむいてないんじゃないか、
自分のようなものが、
こんな大事な仕事をまかされていいのか、って…」とか。

先輩たちは、話を聞いてやり、
相談にのってやり、
励ましたり、アドバイスしたり、
ためになる、ありがたい話でやる気をふるいたたせたり。

そのうち新人は気を取り直し、
「がんばります」と決意表明をする……、

って、ちょっと待ったー!!!

どうして、ミスして人に迷惑をかけたほうが、
自分の不安を聞いてもらい、
励ましてもらい、
元気にしてもらい、と
「もらいパワー」をしてるんだ?

その間、とまっている先輩の仕事は?
お客さんの心配は?
仕事の生産性は?

コメント0

「新人諸君、半年は黙って仕事せよ。山田ズーニーのフレッシュマンのためのコミュニケーション講座」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トランプ政権のここまでの動きはスロー。

ジョセフ・ナイ 米ハーバード大学特別功労教授