• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

有機EL照明市場が“点灯”

三菱重工・ローム連合が先行、量産工場を山形に

  • 佐藤 紀泰,飯山 辰之介

バックナンバー

2009年4月30日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 次世代の省エネルギー照明として注目を集める白色有機EL(エレクトロ・ルミネッセンス)パネル市場がいよいよ動き出す。三菱重工業やロームなどが出資するルミオテックが今年10月から、国内外の照明メーカーなどに厚さ2.5mmという極薄のパネルのサンプルを出荷するからだ。2012年には世界初となる大型量産工場を山形県内に建設する方針も固めており、業界に大きく先行する考えだ。

 この市場ではオランダのフィリップスなど欧州大手に加え、国内のパナソニック電工や、米照明大手のゼネラル・エレクトリック(GE)と提携するコニカミノルタホールディングスなど、群雄割拠の状態が続く。将来的には蛍光灯の2倍の発光効率が可能とされるほか、水銀を使わないために環境に優しいからだ。業界では量産技術の難しさなどから、本格的なサンプル出荷を決定している会社はなかった。

 ルミオテックの重永久夫社長は「照明用有機ELが家庭用に本格普及するのは2015年以降だが、他社より先に業務用などで幅広く顧客を開拓したい。サンプル生産で製造技術を高めたり、有機ELの材料メーカーとの関係も強化できる」と強調する。

「年間5000万枚の量産」

ルミオテック本社では量産準備が進む(中央が重永久夫社長)

 ルミオテックはまず、6月末までに本社のある山形県米沢市でサンプルの製造ラインを立ち上げ、10月から30cm角のパネルを年間2万枚生産する。15cm角のサンプル品なら年間8万枚出荷できる。投資額は20億円強。既に国内外の照明器具メーカーなどから引き合いが来ている。

 昨年5月に設立されたルミオテックには三菱重工が51%、ロームが34%をそれぞれ出資している。ガラス表面のフィルムなどを担当する凸版印刷も9.9%の株式を持つ。

コメント0

「時事深層」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

ドイツ企業は協調と競争の使い分けに長けている。

ビル・マクダーモット SAP CEO(最高経営責任者)