• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

感染研「豚インフルエンザには不明な点がまだ多い」

  • 小田 修司=日経メディカル

バックナンバー

2009年4月28日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

コメント1件コメント/レビュー

PCRの検査試薬(プライマー)は、豚インフルエンザの菌の塩基配列情報があれば、1日以内で合成ができるはずです。それだけでなく、現在の塩基配列決定技術をもってすれば、インフルエンザウィルスの菌体さえ手に入れば、その日のうちに全塩基配列を決定し、他の菌との差異を見つけてプライマーを設定することも可能だと思うのですが、まだその目処が立っていないということは、検査をする業界と科学研究を行っている人たちとの間での連携ができていないということを意味しているのでしょうか。(2009/04/28)

「NBニュース」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

PCRの検査試薬(プライマー)は、豚インフルエンザの菌の塩基配列情報があれば、1日以内で合成ができるはずです。それだけでなく、現在の塩基配列決定技術をもってすれば、インフルエンザウィルスの菌体さえ手に入れば、その日のうちに全塩基配列を決定し、他の菌との差異を見つけてプライマーを設定することも可能だと思うのですが、まだその目処が立っていないということは、検査をする業界と科学研究を行っている人たちとの間での連携ができていないということを意味しているのでしょうか。(2009/04/28)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

お客様が低価格に慣れてきている。

片岡 優 ジェットスター・ジャパン社長