• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

“ゲーム機”「iPhone」が
市場を席巻する日(後編)

クリエーターを吸い寄せる自由市場の脅威

2009年5月1日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 破竹の勢いでゲーム市場の先頭を行き、「100年に1度」の不況をものともせずに、過去最高の売上高と営業利益を見込む任天堂7974。だがその背後に伏兵が忍び寄っている。米アップルだ。

 多機能携帯電話「iPhone(アイフォーン)」と、アイフォーンから携帯電話機能を省いた「iPod touch(アイポッド・タッチ)」の累計販売台数は、4月中旬、世界で3700万台を超えた。

 これらを対象にアプリケーションソフトを配信するサービス「App Store(アップストア)」のダウンロード数は、4月24日、10億の大台を突破。その人気を、ゲームソフトが支えている。

 任天堂のお株を奪うような格好で、ユーザーとソフトを増殖し続けているアップル。任天堂にとっての脅威は、これにとどまらない…。

(iPhoneについての2回連載の前編「1日350万本のソフトがダウンロードされる理由」はこちら

 4月22日、ゲーム業界の構造変化を象徴するようなゲームソフトがアップストアでリリースされた。

 「Spilt Milk」と名づけられたそのゲームは、英国の人気ロックバンド「Fightstar」のプロモーションの一環で作られたもの。新しいアルバムのジャケットに描かれた「牛」がモチーフとなっており、ゲームのBGMにはニューアルバムの収録曲が使われている。

「Spilt Milk」のゲーム画面。日本向けの価格は230円、米国、英国向けは、それぞれ1.99ドル/1.19ポンド

 指でグラスを左右に動かしながら、上から滴り落ちてくるミルクを逃さずに取るだけというシンプルなゲーム。一定期間内で最も高い得点を出したユーザーに1000ドル相当のギターがプレゼントされるというおまけもついている。

 Fightstarがこのゲームの製作を依頼したのは、ゲームソフト会社でも、有名なゲームクリエーターでもない。ゲーム業界では無名の、1人の日本人である。

1人で作ったギターのソフトが80万以上のヒット

 IT(情報技術)関連ベンチャー、ケイビーエムジェイのCTO(最高技術責任者)を務め、この4月に顧問となった笠谷真也氏、30歳。

 彼は昨年の12月、Fightstarから「何かアイフォーン向けのソフトを一緒に作れないだろうか」という1通のメールを受け取った。

 Fightstarのメンバーは、笠谷氏が作った「Pocket Guitar(ポケットギター)」というソフトに感銘を受け、「彼ならクールなソフトを作ってくれる」と踏んだのだという。

 Fightstarのベースを担当するダン・ハイグ氏は、欧米で人気があるパソコン向けシューティングゲーム「Quake」の製作に携わった経験があり、ゲーム業界に、つては多い。にもかかわらず、見ず知らずの日本人に声をかけた。

 ポケットギターは、画面にギターのフレームが映り、指で弦を押さえたり、はじいたりすると、本物のギターを弾いているかのように音を奏でるアイフォーン/アイポッド・タッチ向けのソフト。

 2008年9月の公開から今まで、世界で80万回以上のダウンロードを記録し、日本でも「歴代有料トップアプリケーション」20作品の1つにランクインしている。

コメント13件コメント/レビュー

iPhone/iPod touchがDSと比肩するような状況にはならないと思います。ゲーム機ではなくあくまで携帯電話やポータブルのmusic playerという形がベースですからね。それはDSの側にも言えることで、DSはあくまでゲーム機なので、ゲーム以外の分野への進出は、ゲーム業界でほどの存在感は示せないでしょう。ただ、それぞれの主戦場以外でどのように活動の範囲を広げて行けるか、それにともなって私たちの生活にどれだけのインパクトを与えるかといった点にはとても興味があります。iPhone/iPod touchのアプリのポイントはやはり開発に関する敷居の低さです。据え置き/携帯のゲーム機には無い気軽さ・手軽さのあるアプリが次々に登場していてそれは据え置き/携帯ゲーム機のシェアを奪うことはないでしょうが、一定の存在感を示していると思います。また、PalmやWindows mobileなどで感じた「ユーザーが苦労して、がんばって使いこなしていく」感が少ないので使う側にとっても敷居が低いように感じます。一ユーザーとして、今後も期待し続けていきます。(2009/05/08)

「ニュースを斬る」のバックナンバー

一覧

「“ゲーム機”「iPhone」が
市場を席巻する日(後編)」の著者

井上理

井上理(いのうえ・おさむ)

日経ビジネス記者

1999年慶応義塾大学総合政策学部卒業、日経BPに入社。以来、ネット革命などIT業界やゲーム業界の動向を中心に取材。日本経済新聞への出向を経て2014年4月より日経ビジネスの電機・ITグループ

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

iPhone/iPod touchがDSと比肩するような状況にはならないと思います。ゲーム機ではなくあくまで携帯電話やポータブルのmusic playerという形がベースですからね。それはDSの側にも言えることで、DSはあくまでゲーム機なので、ゲーム以外の分野への進出は、ゲーム業界でほどの存在感は示せないでしょう。ただ、それぞれの主戦場以外でどのように活動の範囲を広げて行けるか、それにともなって私たちの生活にどれだけのインパクトを与えるかといった点にはとても興味があります。iPhone/iPod touchのアプリのポイントはやはり開発に関する敷居の低さです。据え置き/携帯のゲーム機には無い気軽さ・手軽さのあるアプリが次々に登場していてそれは据え置き/携帯ゲーム機のシェアを奪うことはないでしょうが、一定の存在感を示していると思います。また、PalmやWindows mobileなどで感じた「ユーザーが苦労して、がんばって使いこなしていく」感が少ないので使う側にとっても敷居が低いように感じます。一ユーザーとして、今後も期待し続けていきます。(2009/05/08)

ハードウェアメーカーもダウンロードコンテンツの重要さは痛いほど理解しているが制約をつけて実施しているのが現状である。それはパッケージビジネスを同時におこなっているため流通業者との関係を大切にしているからだ。アップルのような自分のとこだけ儲かればいいといったビジネスモデルはアメリカで通用しても日本では見向きもされないはず。そして重要なのは、主目的がゲーム以外のハードでは電池切れを嫌がって決してゲームが主流になることはない。(2009/05/07)

まず、任天堂とアップルを比べること自体適当ではないことを言っておく。アップルが任天堂の脅威となりつつあるという当該記事であるが、そのような議論は時期早々であり、議論に値しない。二つの理由を挙げたいと思う。まず、任天堂はゲーム会社としてやってきた経験等がある。しかし、アップルはゲームに専念しているわけではない。ゲームというのには必ず飽きが来る。世代交代がやってくるのだ。任天堂は、ファミコンから始まり、スーパーファミコンなどと世代を交代してきた。携帯ゲーム機でも、ゲームボーイからDSまでの世代がある。しかし、アップルは、どうなるのだろうか。限りなくある形なきソフトを抱え、飽きられたとき、世代交代をやすやすとできるだろうか。アップルには未来への展望がない。第二に、草野球市場と呼ばれるその環境が、果たして本当にクリエーター、消費者のためになっていくのであろうか。まず危惧されることは、クリエーター至上主義に陥ることだ。造れば必ずソフトとして発売される。評価もされやすい。絶えず新しいもの、多くのものを求める消費者を彼等が見たとき、求められているという感覚が、クリエーターを自惚れさせる原因となりかねない。そのような事態に陥れば、製品の質は落ちていくこと間違いない。(2009/05/03)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「タイム・トゥ・マーケット」で売らないともうからない。

栗山 年弘 アルプス電気社長