• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

第4回 受けた「誤解」はすぐに解け!

  • 山田 ズーニー

バックナンバー

2009年5月11日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

新人のころは人から「誤解」を受けやすい。
言動に注意するのはもちろんだが、
「誤解の解き方」を心得ておくと、いざというとき助かる!

新人はなぜ誤解されやすいのだろう?

「ちょっとしたことでも過剰反応され、
いちいち、うるさく注意される。
もう、ほっといてくれ!」

と言いたい新人もいるだろう。
でも、きみの職場の人たちが特別こまかいわけではない。

上司も先輩も実は、きわめて自然に反応しているだけだ。

なのに新人のきみにとって
過敏、過干渉におもえるのはなぜだろう?

「情報占有率」の問題だ。

たった1回、
きみがキャラクターに似合わない
おかしな言動をしたとする。
きみと10年来のつきあいの人なら、

「きみに関する10年分の情報」分の1。

過去のきみの人柄から割り引いて、
好意的に見てもらえる。
しかし、初対面の相手なら、

「きみに関する情報の100%」を占めてしまう。

たった1回遅刻をしたら「遅刻魔」、
たった1回派手な服を着てきたら「ハデ好き」、
たった1回先輩にタテついたら「あの新人はコワイ」、
こんな言われようも、「情報占有率」のイタズラだ。

自分のことをまだよく知らない人のなかで
もまれる苦労はここにある。

生まれてから一度もよその土地に出たことがない、
小学校、中、高、大とずっと似たような仲間と過ごしてきた、
という人は要注意だ。
「このくらいはゆるされるだろう」と思っている、
「このくらい」という基準がすでに
相当ゆるんでいる可能性がある。

「わかってもらえていた」人たちの中で、
ゆるされてきた「このくらい」の自分らしさからの逸脱、
それが新人の時期にはゆるされない。

新人の時期は常に「自分らしくある」こと。

「自分以下」になってはいけない。
でも「自分以上」になる必要もない。

最初がんばって自分以上を演じても。
それはそれで、かいかぶられてしまい、
以降、自分に要求されるハードルがぐっと高くなって
やりづらい。

この1回の服装、言葉、ふるまい、
情報占有率100%として判断されたとしても、
自分以上でも、以下でもない、
「これぞ自分」という状態をキープするのだ。

半年後には「等身大のメディア力」が築かれ、
ずいぶんやりやすくなっているだろう。

しかし、どんなに気をつけていても、
誤解をする人はいる。

小さな誤解を、「まあいいか」、
とそのままにしておくことはすすめられない。

コメント9

「新人諸君、半年は黙って仕事せよ。山田ズーニーのフレッシュマンのためのコミュニケーション講座」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

企業や官公庁の幹部のメールボックスの内容が、まるごと数十万〜数百万円で売られている事例もある。

名和 利男 サイバーディフェンス研究所上級分析官