• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

第19話 代表の人気頼みでは結局ダメ

  • 出井 康博

バックナンバー

2009年5月12日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 5月11日午後3時、民主党代議士・Aは憤っていた。明日、国会で質問に立つ。そのための資料を担当官庁に頼んでいたが、2時間経っても届かない。

 資料を受け取った後、官僚との「質問レク」がある。質問に関してAとやり取りをして、官僚が政府側の答弁の台本を考える。しかし、資料がなければ、レクすら開けない。ぶっつけ本番で質問に臨めば、困るのは政府側なのである。

 民主党議員との質問レクに対し、不満を抱く官僚は少なくない。時にはレクが数時間に及び、深夜にズレ込むこともある。議員の熱意の表れとはいえ、官僚としても徹夜の仕事は避けたい。しかし今日に関しては、官僚がAを待たせていた。

 Aが翌日に控えていた国会質問は、先週末に急きょ決まった。質問がなければ、今頃は地元で支援者回りをしていたことだろう。

午後3時14分、携帯が響く

 繰り返し秘書に電話をかけさせた。だが、官僚は依然として資料を準備している最中だという。

(いったいどうなっているんだ…)

 議員会館の事務所で秘書と2人、重たい空気が流れていた。午後3時14分、Aの携帯電話がバイブレーターで着信を知らせた。相手は地元の支援者である。

「民主党は、どうなるんですか?」
 相手が、興奮した様子で尋ねてきた。

11日夕方に行われた小沢代表の辞任表明会見の様子を、議員会館の部屋で見る民主党代議士A (撮影:筆者)
画像をクリックして拡大表示

「何のことですか?」
「たった今、テレビで小沢さんが辞任すると」
「えっ!」

 慌てて事務所のテレビをつけると、小沢一郎・民主党代表の顔が映し出されている。
(小沢代表 辞任を表明)
 画面の端には、確かにそうあった。

 小沢氏は総選挙の前、しかるべき時に辞任という決断をする――。Aはそう考えていた。だが、このタイミングというのは想定外だった。

コメント7

「衆院選「候補者A」かく闘わんとす」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

企業や官公庁の幹部のメールボックスの内容が、まるごと数十万〜数百万円で売られている事例もある。

名和 利男 サイバーディフェンス研究所上級分析官