• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

小沢に潜む「小泉」「角栄」の顔

民主党の代表辞任、分裂か院政か

  • 杉山 俊幸

バックナンバー

2009年5月14日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 民主党代表の小沢一郎が5月11日、辞意を表明した。2大政党時代の到来を訴え続け、その前夜を迎えつつある中での退任となる。西松建設からの政治献金を巡り、公設第1秘書が逮捕されてから約2カ月。その間に開かれた記者会見では、思い余って目に涙する場面もあった。ところが辞意を表明した会見では時折にこやかな表情を浮かべ、余裕すら感じさせた。

小沢一郎氏の政治手法を読み解けば、そこに田中角栄氏と小泉純一郎氏という相容れないはずの2つの側面が垣間見える

 それは辞任が悩み抜いた末の決断だったことの証左でもある。民主党幹部によれば「辞任会見は当初、5月5日の予定だった」。3日に辞意を伝えた幹事長の鳩山由紀夫の慰留に迷い続けたのか。首相の麻生太郎との党首討論が13日の予定だったから、連休明けの11日の辞任会見は小沢にとってぎりぎりの選択だった。

 1993年に自民党を離党した後、小沢は常に政局の中心にいた。その彼が少なくとも代表という表舞台からは姿を消す。ただし辞任会見で、「なぜ私が(民主党からの)離党や議員辞職などしなくてはならないのか」と語気を強める様子を見る限り、「隠居」の風情は微塵も感じられない。むしろ今後も政局の主導権を握るべく動くと捉えた方が素直だろう。小沢とはいかなる政治家なのかを読み解けば、政権奪取に向け民主党が抱えたリスク、そして永田町の今後が見えてくる。

「数の力」か「改革者」か

 小沢には2つの顔がある。1つが、オヤジと慕う元首相の田中角栄を源流とし、政治において数の力を重視する顔だ。数の権力は時にカネと結びつく。そのことと、今回辞任のきっかけとなった公設第1秘書の逮捕は決して無縁ではない。

 もう1つが改革者としての顔だ。自民党を離れることになった93年、今後日本で必要になる政策を1冊の本にまとめた。『日本改造計画』がそれだ。

 内容を精緻にするため、後に政府の政策作りに関与することになる経済学者や政治学者など錚々たるブレーンが陰にいたことは全く知られていない。小泉構造改革を支えたブレーンとも一部重なるというから、なおさら興味深い。ブレーンとなった1人が明かす。

コメント12

「時事深層」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック