• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

袋小路の低価格パソコン

日本勢、出遅れを埋め切れず

  • 鷺森 弘,中島 募

バックナンバー

2009年5月18日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 国内パソコン市場で再び地殻変動が起き始めた。昨年、ネット接続に機能を絞り、5万円前後の低価格を実現したノートパソコン「ネットブック」で台湾企業が席巻したのは記憶に新しい。だが、早くも「低価格=低機能」の常識を覆す新潮流が生まれつつある。

エイサーの新たな価格破壊

 新機軸を打ち出したのは、やはり台湾勢である。パソコン世界3位の宏碁(エイサー)は、中級機種並みのAV(音響・映像)機能を持つ超小型の卓上型パソコン「アスパイア・レボ」を開発し、5月中旬に海外で、5月下旬には日本市場で発売することを明らかにした。フルハイビジョン映像の編集・再生や、3次元映像ゲームを楽しめる一方、価格は299ドル(約3万円)と驚異的に安い。

 実はこのパソコンにはディスプレーがない。ケーブルで薄型テレビにつなぎ、音声と画像を出力。無線接続のキーボードを使って操作する。「リビングパソコン」と呼ぶ分野だが、これまでの価格帯は10万~20万円以上と割高のため、あまり普及していなかった。

 なぜ、エイサーは3万円の低価格を実現できたのか。日本エイサーの事業支援本部の瀬戸和信マネージャーは「ネットブックで培ったコスト低減技術を応用した」と説明する。

 多くのネットブックは過剰な機能をそぎ落とすと同時に、米インテルの低価格MPU(超小型演算処理装置)を採用してパソコンの価格を引き下げることに成功した。だが、MPUとつなぐ画像処理半導体に関して、インテル製は性能が低いという欠点があった。エイサーは画像処理半導体の専業、米エヌビディアの新チップを採用し、これをリビングパソコンに応用。「ネットブックの10倍の画像処理能力を引き出した」(エヌビディアのマーケット担当者、ジェフリー・イエン氏)。

ネットブックの国内シェア

 ネットブック並みの低価格でありながら、中級機種並みの画像処理能力。大容量の画像データを処理し切れないという欠点を克服したことで、台湾勢は新たな市場開拓に一歩踏み出した。

 日本勢はこうした動きにどう対処するのか。低価格パソコンの出遅れを挽回すべく、各社は夏モデルでもテコ入れに躍起だ。富士通は4月に6万円前後(店頭価格)のネットブックを初めて投入。東芝は「ダイナブック」ブランドで初のネットブックを発売した。

コメント6件コメント/レビュー

どうせ今更ボリュームゾーンを狙っても台湾メーカーに太刀打ちできないのだから、事業を極端にスリム化して、高価格機に特化するというのも一つの戦略では?ボリュームゾーンを狙うのであれば、日本のパソコンメーカーのリソースを一社に集約するしかないのではないかと。世界シェアも利益率も高くない事業を自社内に持っておく理由も余裕もないでしょう。(2009/05/19)

「時事深層」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

どうせ今更ボリュームゾーンを狙っても台湾メーカーに太刀打ちできないのだから、事業を極端にスリム化して、高価格機に特化するというのも一つの戦略では?ボリュームゾーンを狙うのであれば、日本のパソコンメーカーのリソースを一社に集約するしかないのではないかと。世界シェアも利益率も高くない事業を自社内に持っておく理由も余裕もないでしょう。(2009/05/19)

記事に違和感しか覚えません。日本企業製ネットブックはむしろ差別化ができていないからこその不振です。製品開発は後手後手、価格を他社並(内容構成比は他社より若干高い程度)とすることを免罪符に製品としては自社普及帯よりあえて劣化させて下位カテゴリーに位置づける、その様な志の低い製品で普及が見込めると考える方が間違いではないでしょうか。スケールメリット云々よりも旧来の自社独自機能や内製ソフト組み込みで価格を上乗せするボッタクリ体質が抜けない限り価格訴求力は回復できないと思いますのでその辺りへの言及も願います。(デスクトップ・サーバ部門で実売2万円の製品を出している事からも海外他社並の低価格帯商品を出すことは可能だと思いますので)(2009/05/19)

そもそもNECの98の時代から、日本国内では世界の流れを感じて対応する能力が異常に遅かったからね。パソコンでも携帯の二の舞になってしまうという、学習能力のなさは今の日本全体を象徴しているかのようですね。(2009/05/18)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リクルートは企業文化そのものが競争力です。企業文化はシステムではないため、模倣困難性も著しく高い。

峰岸 真澄 リクルートホールディングス社長