• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

第5回  聞き上手になるには「おかん」に学べ!

  • 山田 ズーニー

バックナンバー

2009年5月18日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

新人に必要な「聞く力」とは、
国語で満点を取る力ではない。

「おかん」のように話を聞く力だ。

関西では、母のことを、尊敬をこめて「おかん」と呼ぶ。
「おかん」は、実はいい言葉なのだ。
あとで理由を述べるが、あえてこの言葉を使わせてもらう。

今日は、上司や先輩から信頼される
「人の話を聞く技術」を紹介する。

新人のなかに、この3つにあてはまる人はいないだろうか?

ちゃんと話を聞いているにもかかわらず、
上司や先輩から、
「人の話、ちゃんと聞いてる?」
と確認されてしまう。

「人の話をちゃんと聞け!」
と注意されたことがある。

わかりきったことをくどくど言われたり、
同じ話を何回もされてしまう。

とくに3番目の、
わかりきったことをくどくど説明されたり、
同じことを何回も何回も言われたりで、
「もう、うんざりだ。
うちの上司はクドイ。うざい」
と思っている人もいるんじゃないだろうか。

しかし、きみの上司が特別クドイわけではないのだ。

人が同じことを何度も言うときは、
「相手に話を聞いてもらえている実感がない」ときだ。

そう、きみの聞き方は相手に不安を与えている。

「ちゃんと聞いてるか」とよく確認される人、
「人の話をちゃんと聞け」と注意される人も同じだ。

相手に、聞いていることを証明しながら聞く。

これが、まだ信頼関係を築く途上の新人には、
とくに求められる聞き方なのだ。

でも、「聞いていることの証明」ってどうすればいいのだろう?

そもそも、きみは人の話をどこで聞いている?

「耳に決まってるじゃないか!」
と怒らないで、もしそうだとしたら、今日から、

「目」で聞いてほしい。

コメント6

「新人諸君、半年は黙って仕事せよ。山田ズーニーのフレッシュマンのためのコミュニケーション講座」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

全体の2~3割の人でも理解し、動き出してくれれば、会社は急速に変わります。

中村 克己 元ルノー副社長、前カルソニックカンセイ会長